お役立ちコラム

介護休業給付金の要件の見直しについて

平成29年1⽉1⽇からの介護休業給付⾦の支給要件の⾒直し内容について教えて下さい。

対象家族の拡大、取得回数、 有期契約労働者の支給要件について次の通り変更となります。

< 対象家族>

祖⽗⺟、兄弟姉妹、孫は「同居かつ扶養」の場合が対象でしたが、「同居かつ扶養」の要件が廃止されます。

< 介護休業の取得回数>

介護休業給付⾦は、同⼀の対象家族・同⼀の要介護状態の場合、原則1回、93⽇を限度として対象としていますが、通算93日分を最大3回まで分割して取得することが可能になります。

< 有期契約労働者の支給要件>

有期契約労働者は、介護休業開始時点において、「①事業主に引き続き雇⽤された期間が1年以上あること、②93⽇経過後も雇⽤継続の⾒込みがある、③93⽇経過後から1年を経過するまで更新されないことが明らかでない」という要件を満たす必要がありますが、②の要件は廃⽌となり、③の要件は「1年⇒6か月」に緩和されます。

関連コラム

新型コロナウィルスと雇用調整助成金
未だに世界中で猛威を奮っている新型コロナウィルス。現在も多くの人々や会社、社会に様々な影響を及ぼし続けています。特に新型コロナウィルスの影響で休業を余儀なくされた会社・事業主は多く、大企業・中小企業問わず、その影響は未だに解消していま…
同一労働同一賃金について企業側の対応
同一労働同一賃金が話題になっていますが、企業側は具体的に何をすればいいのでしょうか。
介護支援取組助成金の支給要件変更について
平成28年6月24日から介護支援取組助成金の支給要件が変更され、「法律を上回る介護休業関係制度」を導入することという要件が追加されましたが、対象となる制度はどのような制度でしょうか。

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。