お役立ちコラム

弊社では夜10時以降に残業が発生した場合、深夜残業手当を支給するのではなく、「深夜手当」として数千円ほど定額の手当を支給しています。法的に問題はあるでしょうか?

弊社では夜10時以降に残業が発生した場合、深夜残業手当を支給するのではなく、「深夜手当」として数千円ほど定額の手当を支給しています。法的に問題はあるでしょうか?

支給方法にもよりますが、法で定める割増賃金以上の金額を支給しているのであれば、問題ありません。

労働基準法では、時間外に労働させた場合、1か月に60時間以内ならば時間単価の25%以上、 1か月に60時間を超えて時間外に労働させたのであれば50%以上(※現在は適用猶予により中小企業については25%以上)、深夜(原則として午後10時~午前5時)に労働させた場合には25%以上、法定休日に労働させた場合には35%以上の割増賃金を支払わなければならない、と規定しています。

本来は労働させた時間に上記の方法で算定した金額を支払うこととされていますが、会社に よっては一定額の手当を割増賃金に代えて支払う場合や、労基法とは別の計算方法を用いる場合もあります。こうした支払方法も、上記の方法により算定される割増賃金額を上回るのであれば 適法とされています。

ただし、その手当が割増賃金に代わるものであることが明確に周知されていること、通常の 労働時間の賃金にあたる部分と割増賃金にあたる部分とを区別できるようにしておくことも 必要とされています。

ご相談の内容としては、深夜残業に当たる部分について固定額で支給されているようですので、その趣旨が賃金規定などで定められていて周知されており、その支給額についても上記の方法で算定した金額を超えているのであれば問題ありません。

 

関連コラム

高齢者、学生、パートなどさまざまな雇用保険の加入手続きについて
人事の皆様は雇用保険加入手続きを日頃より行われている事かと思いますが、雇用保険の加入基準を正しく理解されていますでしょうか? 学生アルバイトの雇用、65歳以上の高齢者を雇用、又は外国人を雇用等、昨今の人出不足と相まって多様な人材を雇用す…
育児休業についてのQAいろいろ
p; 育児休業は、社員が一定期間仕事を休業し、養育に専念できる制度です。法律上、育児休業給付金や社会保険料の免除などのサポートが充実していて、仕事と子育てがより良い関係を築いていくために、会社も対応が求められます。 今回は育児休…
産休・育休取得者 紛争解決事例集
令和なる新たな元号を迎え、女性を対象にした就労シンポジウム等を多く目にする機会があります。 今では中小企業等でも女性社員の比率は以前より多くなり、管理職として手腕を発揮している女性も多くいらっしゃると思います。 しかし、一方で、まだまだ女…
労働条件の明示が電子メール等も可能になります
労働条件の明示の電子化について教えてください。
社会保険労務士試験について
ひと月ほど前の平成30年11月9日、 第50回社会保険労務士試験の合格発表がありました。 今年の合格率は6.3%ということで、最近の合格率に照らしてみれば 平年並みか、少し難しい程度の難易度だったということになるのでしょうか。 試験は労働…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。