お役立ちコラム

海外留学中の学生を期間限定で雇う場合の所得税

今度、海外へ留学しているアルバイトを期間限定で雇う予定ですが、源泉所得税はどういった取扱いになりますか。

海外留学中の学生が1年以上海外にいる場合は、非居住者の扱いとなり、給与を支払う際の源泉所得税率は20.42%となります。

1年未満の場合は非居住者とはなりませんので、居住者と同様の取扱いとなります。

 

 

 

 

 

関連コラム

エクスパッツの取扱について
エクスパッツについて気を付けるべきことを教えて下さい。
海外赴任する従業員の社会保険はどのように手続きをすれば良いですか?
日本法人から海外の現地法人へ赴任させる従業員がいるのですが、現地国の社会保障制度へ加入する必要はありますか?
外国人技能実習生について ~後編~
p; 最近ニュースでちらほら聞くようになってきた「外国人技能実習生」を皆様ご存じでしょうか?今回は技能実習生について2回に分けてご説明していきたいと思います。前編では沿革から技能実習法の概要までお伝えしました。今回の後編では…
外国人技能実習生について ~前編~
p; 最近ニュースでちらほら聞くようになってきた「外国人技能実習生」を皆様ご存じでしょうか?今回は技能実習生について2回に分けてご説明していきたいと思います。前編では技能実習生の沿革、ニーズ、技能実習法の概要についてお伝えしま…
研修生・技能実習生の雇用保険加入について
外国籍の研修生・技能実習生を受け入れることになったのですが、どちらも雇用保険の加入対象となるのでしょうか。

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。