お役立ちコラム

減給の制裁を賞与でまとめてもよいですか?

減給の制裁を賞与で行うことは法的に問題ありませんか?

1回の事由について平均賃金の1日分の2分の1を超えず、複数の事由が存在するときは総額が賞与支給額の10分の1を超えない範囲であって、減給制裁に関する規定が整っていれば可能です。

就業規則で定められているような場合、賞与は、労働基準法上の賃金と考えられます。また賞与に対する減給の制裁は禁じられていません。ですので、労働基準法第91条に定める制限の範囲において、減給の制裁を行うことについての問題はなく、通達でもその旨を通達しています。

ただし、制裁として賞与から減額するには、就業規則等においてその旨を定めていることが必要です。

関連コラム

『給与のデジタル払い』解禁で何が変わるのでしょうか?
現在、厚生労働省の労働政策審議会において「給与のデジタル払い」について議論されています。早ければ2021年内での制度化も視野に入れているという本施策ですが、企業と従業員はどう変化するのか。要点をまとめて解説します。【給与デジタル払いとは】給…
給与計算アウトソーシングのすすめ
p; 従業員を雇えば毎月発生する給与計算。貴社では毎月何時間かけて行われているのか考えてみた事はございますか?給与計算には月次業務のみならず年次業務も発生するので、年間で発生する作業時間は想定していたよりも実際には多い事が散見…
兼業・副業と社会保険手続き
目次 p; Q1.兼業・副業に興味があるのですが、私も兼業・副業出来るのでしょうか? Q2.兼業・副業で2カ所以上の会社で勤務する場合、2ヶ所以上で健康保険の加入手続きを行うのですか? Q3.そもそも、社会保険の加入条件は何でしょ…
財形貯蓄
財形制度に加入している従業員が育児休業を取得する場合の財形取扱いについて留意する事はありますか?
年末調整で申告した配偶者の合計所得金額の見積額と確定額に差異が発生した場合
年末調整で「給与所得者の配偶者控除等申告書」に記載した配偶者の合計所得金額の見積額と、その確定額に差が生じた場合、どのように処理を行えばいいでしょうか?

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。