お役立ちコラム

60歳定年時に大幅な減額がなくても高年齢雇用継続給付の手続をした方が良いですか?

来月で60歳の定年に達するものがいます。定年後、再雇用となり引き続き働き続ける予定です。賃金は役職から降り、多少減額となるものの職務はこれまでと同様に行ってもらう予定のため、大幅な減額とはなりません。このため、雇用保険の高年齢雇用継続給付の支給対象とはならない見込みですが、60歳到達時の賃金登録等の手続きは行った方が良いのでしょうか?

雇用保険の高年齢継続給付とは、60歳の到達日直前の賃金と60歳到達日以降の賃金を比べ、75%未満の低下があった場合にその減額幅に応じて給付がなされるものです。この給付が受給できる期間は60歳から65歳までとされ、雇用保険に加入した期間が通算し5年以上あることが要件となっております。
 
この申請手続きを行うにはまず、60歳到達時点での賃金の証明と受給資格を確認する必要があります。この賃金の証明と受給資格の確認は、実際に給付を受ける段階で行うことで差しつかえないとされております。しかし、60歳時点でこの手続きを行わないと、場合によっては数年の過去に遡り賃金の資料が必要となります。例えば、60歳以降に別の会社に転職をされ、転職先で要件に該当した場合でも、60歳時点で雇用されていた会社での証明手続きが必要となります。このようなことを避けるためにも、60歳到達時点の賃金証明、受給資格確認手続きを行っておいたほうが無難です。
 
鹿野

関連コラム

マルチジョブホルダー制度って何ですか?
 2022年1月1日より65歳以上の労働者を対象に「雇用保険マルチジョブホルダー制度」が新設されました。本コラムでは制度の内容について解説してまいります!1.雇用保険マルチジョブホルダー制度とは?従来の雇用保険制度は、主たる事業所での労働条…
雇用保険料率の引き上げと年度更新時の注意点について
「雇用保険法等の一部を改正する法律案」が令和4年3月30日に国会で成立しました。年度の途中から保険料率が変更となりますので、ご注意ください。参考:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/buny…
新型コロナウイルス禍における休業手当の支給判断について
【質問】今般、新型コロナウイルス禍の影響により、まん延防止等重点措置が実施され、また新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言も再検討されています。今後、都知事からの当社施設の使用停止要請がなされ、業務ができなくなってしまった場…
男性版「産休」制度?どう変わる、男性の育児休業
p; 男性版「産休制度」の新設? p; 男性の育児休業取得率は徐々に上昇しているとはいえ、いまだ10%未満という状況です。 そこで厚生労働省の労働政策審議会では男性の育児休業取得促進策を打ち立て、現在開催中の通常国会に法…
新型コロナウィルスと雇用調整助成金2
まだまだ収束の目途が立たない新型コロナウィルス。WITHコロナの新しい業務形態になかなか馴染めず、四苦八苦されている会社・事業主様・社員の皆様も多いのではないでしょうか? 新型コロナウィルスの休業で注目された【雇用調整助成金】ですが、…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。