お役立ちコラム

退職勧奨と解雇の違いについて

「退職勧奨」という言葉を耳にしましたが、「退職勧奨」と「解雇」の違いについて教えてください。

退職勧奨とは、業績の悪化等の経営上の理由や、本人の能力不足等の理由から、使用者が、解雇を行うに本人に退職を勧める(退職するように働きかけをする)ことをいいます。 例えば、長引く不況により人件費を抑制するために、余剰人員を対象に行ったりします。

退職勧奨による退職は、会社からの雇用契約の解約の申し込みに、あくまで本人の自発的な意思により同意した合意退職となります。本人の同意がない限り、退職は成立しません。

それに対し、解雇とは、本人の同意・承諾も不要となり、退職勧奨とは異なります。

●退職勧奨の趣旨、目的

解雇は、仮に裁判になった場合、相当の理由がなければ、「解雇権濫用の法理」により、解雇が無効になることがあります。

そこで、解雇は会社がとりうる最後の手段とし、社員との話し合いにより、退職の同意を得る退職勧奨のかたちをとることで、解雇に係るリスクを回避することができます。

ただし、本人が自由意思により退職をする場合には法的問題は生じませんが、同意せずに退職勧奨を拒否した場合は、会社としては、解雇するか、雇用継続することになります。必要以上に退職勧奨を行うと、退職強要として、民法上の不法行為を構成する可能性があり、会社に損害賠償責任が発生する場合がありますので注意が必要です。

退職勧奨の位置づけ

退職勧奨は、会社都合退職に位置づけられるため、ハローワークでは、特定受給資格者 として扱われ、3ヶ月間の給付制限期間を待つことなく、基本手当(いわゆる失業保険)をもらうことができます。

関連コラム

令和4年10月1日施行 出生時育児休業(産後パパ育休)について
令和4年10月1日施行の出生時育児休業(産後パパ育休)は、来年度より順次施行される育児・介護休業法の目玉となる改正にあたります。男性向けの新たな育休制度の施行は注目度も高く、すでに準備を進めている人事労務担当者様も多いのではないでしょうか。…
会社は副業を認める必要があるのでしょうか。副業解禁の流れについて解説します。
2021年9月21日付けの日本経済新聞の報道にて、塩野義製薬は希望する社員に対して週休3日で働ける制度を来年4月から導入する方針であり、制度開始に合わせて社員の副業も解禁すると報じられました。その他の会社を見ましても、キリンホールディングス…
【労働者数101人以上の企業は新たな義務対象に】女性活躍推進法の改正を解説します!
令和元年5月29日、女性活躍推進法等の一部を改正する法律が成立し、令和元年6月5日に公布されました。その改正内容のひとつに「一般事業主行動計画の策定義務の対象拡大」があります。これは女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画の策定・届出義務、…
契約社員でも育児休業を取得しやすくなります
令和4年以降、育児休業に関する法改正が目白押し男性版産休とも呼べる制度の新設、育児休業の分割取得、育児休業中の社会保険料免除の見直しなど、育児をしながら仕事を続けていける環境を整えるための改正が決まっており、今から十分な準備が求められます。…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。