お役立ちコラム

そもそも社会保険はいつ頃できたのですか?

そもそも健康保険や厚生年金はいつ頃できたのですか。

健康保険法は大正11年に制定されており、 また、厚生年金保険法は、「労働者年金保険法」と

いう名称で昭和16年に制定され、「厚生年金保険法」と呼ばれるようになったのは、昭和19年から

になります。

当初、健康保険・厚生年金保険ともに、現在のような加入者が全員被保険者となる、いわゆる「国民

皆保険」「国民皆年金」体制であったわけではなく、「国民皆年金」「国民皆保険」が制度として確立さ

れたのは昭和36年です。

その他の主な制度では

・児童手当法・・・・昭和46年制定

・老人保健法(高齢者の医療の確保に関する法律の前身)・・・・昭和57年制定

・介護保険法・・・・平成9年制定

・確定拠出年金法・確定給付企業年金法・・・・平成13年制定

等となっております。

 

関連コラム

協会けんぽで受任医療制度が始まりました
協会けんぽの受任医療制度について教えてください。
個人型確定拠出年金の対象者について
会社で確定給付企業年金に加入していますが、同時に個人型確定拠出年金にも加入することも可能ですか?
労働条件の明示が電子メール等も可能になります
労働条件の明示の電子化について教えてください。
社会保険労務士試験について
ひと月ほど前の平成30年11月9日、 第50回社会保険労務士試験の合格発表がありました。 今年の合格率は6.3%ということで、最近の合格率に照らしてみれば 平年並みか、少し難しい程度の難易度だったということになるのでしょうか。 試験は労働…
年次有給休暇の時季指定義務
有給休暇取得が義務化されるそうですが、概要を教えてください。企業ではどのように対応したら良いでしょうか。

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。