お役立ちコラム

休憩時間の取り方について

休み時間にも仕事をしている社員がいます。休憩時間をとるように指導はしていますが、やる気があり、作業を中断したくないとそのまま仕事をしてしまっています。このままでよいのでしょうか。

 労働基準法第34条では「労働時間が6時間を超える場合においては、少なくとも45分、8時間を超える場合においては、少なくとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない」としています。

したがって、業務をしたいからといって、休憩時間を取らずに働き、先ほどの34条の要件を満たさなければ、法違反となります。

例を挙げると、1日の就業時間が、朝9時~夕方5時45分で休憩が12時~12時45分までの45分間だとします。この場合、労働時間は8時間ですので、休憩時間は45分間で問題はありません。しかし、残業をすることになれば、8時間を超える労働時間となるので、さらに15分の休憩を与える必要が出てきます。

逆に1日の労働時間が6時間以下であれば、休憩時間を労働者に与えなくても良いこととされています。

また休憩時間は34条にも明記されていますが、労働時間の途中に与えなければなりません。

労働時間の途中に休憩を取ることが大事であり、就業時間の最初の1時間や、最後の1時間に休憩をとるということはできません。

休憩時間を設けないことにより、その社員の作業効率の低下に繋がる恐れがあります。作業効率のことを考え、労働基準法で規定されている休憩時間以外に、中には15分の休憩時間を業務時間の途中に与え、作業のメリハリをつけている会社もあります。いずれにしても労働者に休憩時間の意味を説明し、しっかりと休憩時間を与えることが大切です。

関連コラム

会社は副業を認める必要があるのでしょうか。副業解禁の流れについて解説します。
2021年9月21日付けの日本経済新聞の報道にて、塩野義製薬は希望する社員に対して週休3日で働ける制度を来年4月から導入する方針であり、制度開始に合わせて社員の副業も解禁すると報じられました。その他の会社を見ましても、キリンホールディングス…
【労働者数101人以上の企業は新たな義務対象に】女性活躍推進法の改正を解説します!
令和元年5月29日、女性活躍推進法等の一部を改正する法律が成立し、令和元年6月5日に公布されました。その改正内容のひとつに「一般事業主行動計画の策定義務の対象拡大」があります。これは女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画の策定・届出義務、…
働き方改革の推進に向けて、今こそフレックスタイム制度を導入しましょう!
皆様はフレックスタイム制度の導入を一度はご検討されたことはありますでしょうか。『労働時間管理がむしろ手間になるのではないか』『従業員が好きな時間に出社するようになるとコミュニケーション不足になるのでは』『制度の導入準備のハードルが高そうで導…
【最高裁判決】同一労働同一賃金
p; 2020年10月13日に、大阪医科大学(現大阪医科薬科大学)、メトロコマース裁判。続いて10月15日には、日本郵便裁判3件の最高裁判決が相次いで出されました。 いずれも高裁判決からの逆転判決として話題になっています。 3件…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。