お役立ちコラム

非居住者から土地を購入した場合の源泉徴収ってどうするの?

私は外国に住所を持ち暮らしている個人の方から、日本国内にある土地を購入する予定です。私は個人事業者でなく、誰かに給与を支払っているわけでもないのですが、今回の土地の購入に際して所得税を源泉徴収しなければならないのでしょうか。またその場合いつまでに源泉徴収した所得税を納めなければいけませんか。

原則として所得税(及び復興特別所得税)を源泉徴収し、土地の譲渡対価を支払った翌月の10日までに納めなければなりません。

我が国の所得税法では、国内に住所を有し、又は、現在まで引き続き1年以上居所を有する個人を「居住者」といい、「居住者」以外の個人を「非居住者」と規定しています。そして非居住者から日本国内にある土地を購入し、その譲渡対価を国内で支払う者は対価を支払う際に10.21%の税率で所得税及び復興特別所得税を源泉徴収することになっています。これはあなたが個人事業者でなく、誰かに給与を払っているわけでなくても同様です。ただし、あなたが自己又は親族の居住の用に供すために、非居住者から土地を購入した場合で、その土地の譲渡対価が1億円以下であるような場合には源泉徴収をしなくてもよいということになっています。

 なお、我が国が締結している多くの租税条約では、土地等の不動産の譲渡対価について、不動産の所在する国においても課税できる規定を置いています。したがって、非居住者が国内にある不動産を譲渡した場合、その譲渡により生じる所得について、我が国で課税できることになっていますので、国内法どおりの課税をすることになります。

<参考文献等>

国税庁HP タックスアンサー No.2875 居住者と非居住者の区分

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/gensen/2875.htm

国税庁HP タックスアンサー No.2879 非居住者等から土地等を購入した時

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/gensen/2879.htm

執筆者:笠井

 

関連コラム

講師に支払う車賃は源泉徴収の対象になる?
当社では年に数回、従業員の教養向上のために、専門家の先生を講師としてお招きし、教養講話をお願いしています。講師の先生に対しては、講演料のほかに少額の車賃を別に支払いたいのですが、この車賃についても源泉徴収をしなければならないのでしょうか。
源泉徴収漏れが発覚した場合の対処法
「源泉徴収漏れが発覚した場合には、支払い相手先にはどのように対処したらよろしいでしょうか。」
海外在住者から受ける現地情報の対価の支払は源泉徴収が必要?
当社は家電の製造販売を行っておりますが、新製品の開発に際して、海外在住の日本人に日本で受け入れられると思われる家電に関する商品情報の提供や現地雑誌の収集をお願いし、毎月現地での活動及びレポートの対価として500ドルを支払うことにしておりま…
グリーン車での通勤にかかる通勤手当の源泉徴収は?
当社では、新幹線のグリーン車にて通勤する役員がいます。このグリーン車による通勤手当については、給与として課税されるという話を聞いたのですが?
特定支出控除に関する見直し(平成30年度税制改正)
特定支出控除について、平成30年度にも新たな見直しが行われました。 p; 平成30年度での見直し事項 イ 特定支出の範囲に、職務の遂行に直接必要な旅費等で通常必要と認められるものを加える。 ロ 特定支出の範囲に含まれている単身赴任…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。