お役立ちコラム

勤務先が負担した配偶者の健康診断料の取扱い?

私の勤務する会社では、福利厚生の一環として、本人とその配偶者が同時に健康診断を受信すれば、その費用が返金される事になりました。これは毎年一回、全役職員を対象としているものです。先日、早速、夫と一緒に受診しかかった費用を会社に請求したところ、請求した受診費用は全額振込まれていたのですが、今月の給与明細には所得税の課税対象に夫分の受診費用が加算されていました。これは会社での処理の間違いでしょうか?

会社の処理は正しいと考えられます。

これは、ご主人分の健康診断料は給与所得として所得税の課税対象となる為です。

役職員全員を対象とする一般的なご本人分の健康診断料等の経済的利益は、次の理由から強いて給与課税を行わない事とされています。

① 法律上、労働者を雇用する使用者は、労働者に対する健康診断の義務を負っていること。

② 年一回程度の一般的な健康診断は、健康管理の必要上、一般的に実施されているものであること。

逆に考えると、配偶者分については、次の理由から経済的利益という現物給与として、給与課税を行うべきものと考えられます。

① 法的には、会社側に健康診断による健康管理義務がないこと。

② 使用者が、配偶者の健康診断料を負担する事は一般的とは認められないこと。

本件では、ご本人分の健康診断料を課税対象外、ご主人分を課税対象として取り扱ったと考えられますので、適正な処理と言えます。

<参考文献等>

人間ドックの費用負担(国税庁 質疑応答事例より)

関連コラム

新コラムサイト「経理のススメ」開設のお知らせ
会計・経理のお役立ちコラムを新規開設しました! p; p;「経理のススメ」
源泉所得税の「納期の特例」総まとめ!
■ 源泉所得税の納付 p; 自社の従業員に給料を支払うときや弁護士、税理士等に報酬を支払うときには報酬額から源泉所得税を控除して、その控除した源泉所得税を税務署に納める必要があります。この源泉所得税の納付期限は原則として、支払をし…
退職所得控除額の計算方法の注意点-2回目の退職金の支給を受けた場合-
今回は、転職に伴い退職金の支給を複数回受けた場合の退職所得控除額について説明します。 p; ■ 基本的な退職所得控除額の計算方法 p; 退職所得の金額計算に必要な退職所得控除額は、退職金の支給を受けた会社での勤続年数に応…
日本とデンマークの新租税条約(源泉所得税)
「所得に対する租税に関する二重課税の除去並びに脱税及び租税回避の防止のための日本国とデンマーク王国との間の条約」(以下「新条約」といいます。)が平成30年12月27日に発効し、源泉所得税については平成31年1月1日から適用が開始されること…
派遣会社への業務委託料、源泉徴収は必要?
この度、弊社で人材派遣を利用することになりました。派遣社員を雇用する場合、派遣会社に支払う業務委託料に対して源泉徴収の必要はあるのでしょうか?

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。