お役立ちコラム

シルバー人材センターの報酬は確定申告でどのように取り扱うべきですか?

私はシルバー人材センターから紹介された会社で軽作業を行っています。シルバー人材センターから報酬(配分金)が支払われていますが、この報酬は確定申告においてどの所得とすべきでしょうか。

シルバー人材センターから支払われた報酬(配分金)は所得税法上、雑所得に該当します。雑所得の金額は報酬(配分金)から交通費等の必要経費を控除して算定します。この報酬(配分金)に係る必要経費が65万円以上ある場合には報酬(配分金)から必要経費を全額控除できます。一方、この報酬(配分金)に係る必要経費が65万円未満の場合には、「家内労働者等の必要経費の特例」に該当しますので65万円を上限に報酬(配分金)から控除することができます。公的年金を受給している場合には、この特例のほかに公的年金等控除も適用することが可能です。

ただし、シルバー人材センターからの報酬(配分金)の他に給与所得が65万円以上ある場合にはこの特例を適用することはできません。給与所得が65万円未満の場合には、65万円から給与所得を差し引いた残額と、実際にかかった必要経費を比較していずれか高いほうの金額がシルバー人材センターからの報酬(配分金)に係る必要経費となりますので注意が必要です。

 

<参考文献>

国税庁タックスアンサー No.1810 家内労働者等の必要経費の特例
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1810.htm

関連コラム

眼鏡・コンタクトの購入にあたり要する検診代は医療費控除の対象にならない?
眼鏡やコンタクトレンズを購入するために眼科で医師による目の検診を受けました。当該支出を確定申告における医療費控除に含めることはできないのは何故なのでしょうか。
純損失の繰越しについて
確定申告の繰越損失って何ですか。
払い過ぎてしまった所得税はどうしたら取り戻せる?
確定申告にて所得税を納付しましたが確定申告書の給与の収入金額を誤って多く記載してしまい所得税を納付し過ぎてしまいました。既に確定申告期限は過ぎてしまっています。どうしたら多く払った分を取り戻すことができますか?
特定支出控除に関する見直し(平成30年度税制改正)
特定支出控除について、平成30年度にも新たな見直しが行われました。 p; 平成30年度での見直し事項 イ 特定支出の範囲に、職務の遂行に直接必要な旅費等で通常必要と認められるものを加える。 ロ 特定支出の範囲に含まれている単身赴任…
自宅売却をした場合、確定申告は必要ですか。
昨年自宅を売却したところ、今年の1月に税務署より「譲渡所得がある場合の確定申告のお知らせ」が届きました。自宅を売却した場合には確定申告が必要なのでしょうか詳細を教えてください。

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。