お役立ちコラム

ガラスに貼った飛散防止フィルムは資産?費用?

地震等に備えて、40万円かけて本社のガラスに飛散防止フィルムを貼りました。この飛散防止フィルム貼付費用は10万円を超えていますが費用処理してもいいですか?

飛散防止フィルムは窓ガラスの機能を向上させるといえます。

そうすると、法人税法基本通達7-8-1に規定されている「固定資産の価値を高め、又はその耐久性を増すこととなる」に該当すると考えられ、資本的支出として資産計上が必要になりそうです。

 しかし、飛散防止フィルムには劣化した建物の維持管理という側面もあります。

 そうすると、法人税法基本通達7-8-4に規定されている「資本的支出であるか修繕費であるかが明らかでない金額がある場合」に該当すると考えられ、その金額が60万円に満たない場合は修繕費として費用処理して構わないということになります。

 以上より、本件の飛散防止フィルムは40万円ということですので、費用処理が認められると考えられます。

 なお、もし飛散防止フィルムの金額が60万円以上の場合であっても、法人税基本通達7-8-5で「継続してその金額の30%相当額とその修理、改良等をした固定資産の前期末における取得価額の10%相当額とのいずれか少ない金額を修繕費」とすることを認めていますので、こちらの適用を検討することができます。

<参考文献等>

国税庁HP 法人税法基本通達 第8節 資本的支出と修繕費

https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/hojin/07/07_08.htm

関連コラム

無形固定資産の概要とソフトウェアの管理
はじめに企業が事業活動を行う上で、ソフトウェアは、インフラとして欠かせないものとなり、情報通信技術が著しく進化している昨今においては、どの業界においても必要不可欠な存在となっています。そんなソフトウェアですが、会計処理については注意が必要で…
新コラムサイト「経理のススメ」開設のお知らせ
会計・経理のお役立ちコラムを新規開設しました! p; p;「経理のススメ」
グループ法人税制
完全支配関係のある法人間の取引には「グループ法人税制」と呼ばれる制度の適用があります。本来、完全支配関係がある法人間であっても別の法人であれば、個々の取引は互いに影響を与えないものですが、実態としてはグループ一体としての経営がされている…
「交際費等の範囲」の概要と具体例~押さえておくべき他科目との違い
p; p; 1.交際費等の法人税法上の取扱い 交際費等とは「交際費、接待費、機密費その他の費用で、法人が、その得意先、仕入先その他事業に関係のある者等に対する接待、供応、慰安、贈答その他これらに類する行為のために支出す…
接待飲食費(飲食交際費)の「5,000円基準」の概要と具体例
p; 1.交際費等の損金算入規定 交際費等とは「交際費、接待費、機密費その他の費用で、法人が、その得意先、仕入先その他事業に関係のある者等に対する接待、供応、慰安、贈答その他これらに類する行為のために支出するもの」(※1)と…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。