お役立ちコラム

マイナンバーの利用目的制限

マイナンバーを利用目的の範囲を超えて使用することはできないとのことですが、今年度の源泉徴収票作成事務のために提供を受けたマイナンバーを翌年度以降の源泉徴収票作成事務のために使用することは利用目的の範囲内に含まれますか。

同一の雇用契約に基づき発生する事務であることから利用目的の範囲内に含まれます。

<参考文献等>

特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)第4-1-(1)

関連コラム

新コラムサイト「経理のススメ」開設のお知らせ
会計・経理のお役立ちコラムを新規開設しました! p; p;「経理のススメ」
法人番号指定通知書を紛失した場合の対応について
1. はじめに p; 2016年1月から「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」に基づいた「社会保障・税番号制度」が動き出しています。 この制度の下では「個人番号」と「法人番号」の二種類があり、それぞ…
マイナンバーカードがなくてもスマホやタブレットで申告ができる!?
マイナンバーカードがなくてもスマホやタブレットから申告できるようになると聞きましたが、対象者や手続きについて教えてください!
扶養親族のマイナンバーと本人確認書類って取得できる?
扶養控除等申告書に記載される扶養親族のマイナンバーについては、従業員が個人番号関係事務実施者として番号法上の本人確認を行うこととされており、事業者には本人確認義務は課せられていないかと思います。しかしながら弊社では事業者に番号法上の本人確…
マイナンバー業務の委託先を代える場合って
当社はある会社に個人番号関係事務を委託しているのですが、この度現在の委託先との委託契約を終了させて、新しく別の会社に個人番号関係事務を委託することとなりました。この場合、現在の委託先が保有しているマイナンバーを新たな委託先に直接提供させる…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。