お役立ちコラム

損益分岐点分析について教えてください。

損益分岐点分析について教えてください。

損益分岐点とは、収益と費用が等しくなり、利益がゼロのときの売上高のことをいいます。
財務分析では、企業の収益構造を把握することが必要となりますが、損益分岐点分析により原価と営業量と利益の関係を明らかにすることにより可能となります。
この原価・営業量・利益の関係とは、営業量の変化は原価や費用に対してどのようなかかわりあいをもつかということです。
この原価・営業量・利益それぞれの相関関係のことをCVP関係(cost-volume-profit relationship)といいます。
 
<参考文献等>
牧野明弘『新五版 財務分析の実践活用法 取引先企業の見方・とらえ方』

関連コラム

居住用賃貸建物の取得に係る消費税の仕入税額控除制度の見直しについて
趣旨・背景令和2年度税制改正において、居住用賃貸建物に係る消費税の改正が行われました。今回は、賃貸物件のオーナーや不動産業者などへの影響が大きいものと考えられる「居住用賃貸建物の取得等に係る消費税の改正」について解説します。もともと、住宅の…
無形固定資産の概要とソフトウェアの管理
はじめに企業が事業活動を行う上で、ソフトウェアは、インフラとして欠かせないものとなり、情報通信技術が著しく進化している昨今においては、どの業界においても必要不可欠な存在となっています。そんなソフトウェアですが、会計処理については注意が必要で…
新コラムサイト「経理のススメ」開設のお知らせ
会計・経理のお役立ちコラムを新規開設しました! p; p;「経理のススメ」
金銭債権を対象とした取引に係る消費税の考え方
1.はじめに p; 有価証券や金銭債権を対象とした取引に係る消費税は、課税売上割合の計算上複雑になっています。これらを本業として取り扱っていない会社で売却等が発生した際に、課税売上割合の計算を間違えてしまうケースが多いようです。 …
繰延資産とは
p; 繰延資産とは p; 繰延資産は、支出した「費用」で、その支出の効果が将来にわたって現れるものをいいます。支出した「費用」をいったん資産計上し、効果が及ぶ期間にわたって償却することで費用化を行います。※固定資産や棚卸…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。