お役立ちコラム

連結財務諸表作成の際の在外子会社の会計処理について

当社は日本基準で連結財務諸表を作成しています。当期に取得した海外子会社を新たに連結の範囲に加える予定ですが、その子会社ではIFRS(国際財務報告基準)で財務諸表を作成しています。連結財務諸表作成にあたり、この子会社の財務諸表を日本基準に修正する必要はありますか?

連結財務諸表に関する会計基準」においては、同一環境下で行われた同一の性質の取引等について、親会社及び子会社が採用する会計方針は原則として統一しなければならないとされています。しかし、在外子会社の財務諸表が、IFRSまたは米国会計基準に準拠して作成されている場合には、当面の間、それらを連結決算手続上利用することができるとされています。ただし、その場合であっても、次の4項目については連結決算手続上、在外子会社の会計処理を修正する必要があります。

①のれんの償却

②退職給付会計における数理計算上の差異の費用処理

③研究開発費の支出時費用処理

④投資不動産の時価評価及び固定資産の再評価

<参考文献等>

企業会計基準委員会 企業会計基準第22号

「連結財務諸表に関する会計基準」

https://www.asb.or.jp/asb/asb_j/documents/docs/spe-tanki/spe-tanki_1.pdf 

企業会計基準委員会 実務対応報告第18号

「連結財務諸表作成における在外子会社の会計処理に関する当面の取扱い」

https://www.asb.or.jp/asb/asb_j/documents/docs/zaigai2015/zaigai_2015_1.pdf 

関連コラム

居住用賃貸建物の取得に係る消費税の仕入税額控除制度の見直しについて
趣旨・背景令和2年度税制改正において、居住用賃貸建物に係る消費税の改正が行われました。今回は、賃貸物件のオーナーや不動産業者などへの影響が大きいものと考えられる「居住用賃貸建物の取得等に係る消費税の改正」について解説します。もともと、住宅の…
無形固定資産の概要とソフトウェアの管理
はじめに企業が事業活動を行う上で、ソフトウェアは、インフラとして欠かせないものとなり、情報通信技術が著しく進化している昨今においては、どの業界においても必要不可欠な存在となっています。そんなソフトウェアですが、会計処理については注意が必要で…
新コラムサイト「経理のススメ」開設のお知らせ
会計・経理のお役立ちコラムを新規開設しました! p; p;「経理のススメ」
金銭債権を対象とした取引に係る消費税の考え方
1.はじめに p; 有価証券や金銭債権を対象とした取引に係る消費税は、課税売上割合の計算上複雑になっています。これらを本業として取り扱っていない会社で売却等が発生した際に、課税売上割合の計算を間違えてしまうケースが多いようです。 …
繰延資産とは
p; 繰延資産とは p; 繰延資産は、支出した「費用」で、その支出の効果が将来にわたって現れるものをいいます。支出した「費用」をいったん資産計上し、効果が及ぶ期間にわたって償却することで費用化を行います。※固定資産や棚卸…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。