お役立ちコラム

友人に対する貸付金の貸倒れの場合の取扱いについて

私は、友人Aに数年前に1千万円貸しました。この貸付金に関し、従来より年3%の利息を徴収し、適正に確定申告してきましたが、Aの事業の失敗により昨年より支払がありませんでした。その後、本年6月末にAが破産宣告を受け、元利共に返済されない事が確定しました。この場合の損失は、どの様に取り扱ったら良いしょうか。ちなみに私の収入は他に給与が600万円と趣味の程度で執筆している原稿に係る所得が年25万円程あります。

当該貸付金の貸倒れについては、元金と利息に応じ、それぞれ次の様に取り扱います。

① 元金の取扱い

元金については他に雑所得から控除する事ができます。ただし控除しきれない場合でも、他の所得からは控除できません。本件の場合には、雑所得の金額は未収利息15万円(3%半年分)と原稿料25万円の計40万円の雑所得があります。この金額が元本の金額以下なので、40万円全額を控除できます。しかし、残りの960万円については、給与所得から控除する事はできず、特に税務上の取扱いはありません。

② 未収の利息の取扱い

未収の利息については、一定の計算をして算出した金額を「なかったものとみなし」て、所得の金額から控除する事ができます。計算上、その年分のその所得の金額を限度としますので、結果としてその所得の金額が限度となります。

また、この控除は実際に貸倒れとなった年ではなく、その利息が発生した各年分の所得に遡って控除する事となります。

本件に関しては本年分と前年分とに分けて、それぞれ次の様に取り扱います。

A 本年分

本年分の所得の金額は、①により既に控除され、控除する雑所得の金額がないので、税務上の取扱いはありません。(①と②では①が優先されます。)

B 前年分

前年分の未収利息30万円については、一定の方法で計算した「なかったものとみなす金額」(本年と収入が同じ場合には30万円)を控除し、その部分の税額を還付できる可能性があります。

この場合には確定申告ではなく、更正の請求という手続きが必要となります。

関連コラム

絶対に失敗したくない!経理アウトソーシングで気をつけるべきこととは?
p; 経理アウトソーシングを失敗しないための秘訣とは? p; 今回のコラムでは、経理アウトソーシングで失敗しないために取り組むべきポイントを紹介しています。経理アウトソーシングは委託すれば終わりというわけではありません。…
今さら人に聞きにくい「振込振替」「総合振込」「給与振込」の違いとは?
世の中に広く普及している「インターネットバンキング」。個人で利用されている方も大勢いらっしゃると思います。しかし、総務部や経理部に配属されて、いざ仕事で使用するとなるとコレって何だっけ?何か良く分からないけど人には聞きづらいなぁ&hel…
法人番号指定通知書を紛失した場合の対応について
1. はじめに p; 2016年1月から「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」に基づいた「社会保障・税番号制度」が動き出しています。 この制度の下では「個人番号」と「法人番号」の二種類があり、それぞ…
これさえ知っておけば大丈夫!経理アウトソーシングのメリット・デメリット 8選
経理アウトソーシングは、会社の経営を円滑かつ効率的にするために役立つサービスです。 経理アウトソーシングにはさまざまなメリットがありますが、デメリットも見落としてはいけません。 p; 今回は経理アウトソーシングの…
全銀協EDIシステムが稼働したと聞きましたが・・・
全銀協EDIシステムが2018年12月に稼働すると聞きました。どのくらいの銀行がシステムに接続しているのですか?また活用するためにはどうしたらよいですか?

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。