お役立ちコラム

平成29年1月より個人型確定拠出年金の対象者が拡大されます

個人型確定拠出年金の加入対象者はこれまで自営業者の方などに限られていましたが、平成29年1月から加入対象要件が大幅に緩和され、企業年金を実施している企業にお勤めの方や公務員、専業主婦の方を含め、基本的に60歳未満のすべての方が加入できるようになります。

 

確定拠出年金とは

「確定拠出年金」は、公的年金に上乗せして給付を受ける私的年金のひとつです。

基礎年金、厚生年金保険と組み合わせることで、より豊かな老後生活を実現することが可能となります。

確定拠出年金の仕組みは、掛金を定めて事業主や加入者が拠出し、加入者自らが運用し、掛金とその運用益との合計額をもとに給付額が決定されるもので、事業主が実施する「企業型確定拠出年金」と個人で加入する「個人型確定拠出年金」があります。

 

 

個人型確定拠出年金のメリット

 

3つの税制優遇措置

 

(1)掛金が全額所得控除されます

例えば、毎月2万円ずつ掛金を拠出した場合、税率を20%とすると、年間4万8千円の節税効果となります。

 

(2)運用益も非課税で再投資されます

通常、金融商品の運用益には税金(源泉分離課税20.315%)がかかりますが個人型確定拠出年金の運用益は非課税です。

 

(3)受け取るときも税制優遇措置があります

個人型確定拠出年金の老齢給付金を一時金として受け取る場合は「退職所得控除」、年金として受け取る場合は「公的年金控除」という大きな控除が受けられます。

 

 

個人型確定拠出年金の加入範囲と拠出限度額

 

個人型確定拠出年金は、基礎年金(1階部分)、厚生年金保険(2階部分)、などの公的年金に上乗せして給付を受ける私的年金(3階部分)のひとつです。   

下図のうち点線囲み部分が個人型確定拠出年金、が新たに加入できるようになる部分です。

 

 

個人型確定拠出年金に加入するときの留意点

 

● 運用は加入者ご自身が行います

積立金の運用は加入者ご自身の責任で行われ、受け取る額は運用成績により変動する仕組みです。

 

● 中途での引出しに制限があります

個人型確定拠出年金は、老後の資産形成を目的とした年金制度であるからこそ、税制優遇措置があります。このため、原則60歳まで引き出すことができませんので、注意してください。

 

● 口座管理手数料などがかかります

加入時の手数料や毎月の口座管理費などの各種手数料があります。手数料については、国民年金基金連合会や運用管理機関に十分ご確認ください。

(広報誌「こんぱす 2017年冬号」より抜粋)

 

関連ページ:

確定拠出年金制度の主な改正(平成29年1月1日施行)|厚生労働省

 

執筆者:中谷

 

 

関連コラム

令和4年10月1日施行 出生時育児休業(産後パパ育休)について
令和4年10月1日施行の出生時育児休業(産後パパ育休)は、来年度より順次施行される育児・介護休業法の目玉となる改正にあたります。男性向けの新たな育休制度の施行は注目度も高く、すでに準備を進めている人事労務担当者様も多いのではないでしょうか。…
契約社員でも育児休業を取得しやすくなります
令和4年以降、育児休業に関する法改正が目白押し男性版産休とも呼べる制度の新設、育児休業の分割取得、育児休業中の社会保険料免除の見直しなど、育児をしながら仕事を続けていける環境を整えるための改正が決まっており、今から十分な準備が求められます。…
『給与のデジタル払い』解禁で何が変わるのでしょうか?
現在、厚生労働省の労働政策審議会において「給与のデジタル払い」について議論されています。早ければ2021年内での制度化も視野に入れているという本施策ですが、企業と従業員はどう変化するのか。要点をまとめて解説します。【給与デジタル払いとは】給…
新型コロナウイルスでお休みした場合や今後の法改正について解説します!
 傷病手当金は、病気療養中に被保険者(社員)とその家族の生活を保障するために設けられた制度で、被保険者が病気やケガのために会社を休み、事業主から十分の報酬が受けられない場合に1日あたり支給開始日以前の継続した12ヶ月間の各月の標準報酬月額を…
健康保険法が変わります
p;「全世代型社会保障改革の方針について」(令和2年12月15日閣議決定)等を踏まえ、現役世代への給付が少なく、給付は高齢者中心、負担は現役世代中心というこれまでの社会保障の構造を見直し、全ての世代で広く安心を支えていく「全世代…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。