お役立ちコラム

2019年4月1日からの有給休暇

2019年4月1日から、いよいよ働き方改革がスタートする。

 

具体的になにが変わるのか、というと、

法律が変わる。

 

労働基準法をはじめ、安全衛生法や派遣法などにおいて、

労働者保護が、より手厚くなる改正となるが、

 

その中でも特に注目すべきところは、

 

“年次有給休暇の取り扱いが変わる”

 

という改正点であろう。

 

毎月勤労統計調査の不正が発覚し、

政府の基幹統計調査の信頼が揺らいでいるため、手元資料の数値に少し不安があるが

 

有給休暇取得率は、全体で5割の水準を下回っている。

これを産業別に区分けすれば、

さらに低い水準となっているような産業もあり、

 

従業員の健康面、ワークライフバランスなどから、

“取得率を何とか上げなければならない”というのが、直面している課題というわけである。

 

 

もともと年次有給休暇の取得は、従業員の当然の権利であり、

取得に際して、“会社の許可を得る”などといった概念は存在しない。

※会社には年次有給休暇の取得時季を変更する権利(時季変更権)はある。

 

しかし、日本企業の現状を見れば、

 

多忙のためか、周囲に気を使っているためなのか、

会社の許可が必要と認識しているためなのか、

 

原因は定かではないが、

 

有意義な年次有給休暇の取得をすることができず、

結果、年次有給休暇取得率は長年の間、横ばい状態となっていた。

 

しかしようやく、この横ばい状態を改善できそうな改革が

4月1日より実行に移される。

 

主な内容は、次のとおり。

 

①    会社は年次有給休暇を10日以上付与する従業員に対して、

年間、5日間の有給休暇を取得させなければならない。

②    会社は有給休暇の取得時期について、あらかじめ従業員の希望を聞き

これを尊重するように努めなければならない。

 

つまり、最低年間で5日間の有給休暇を取得できることとなるため、

1日、2日程度の取得しかできていない従業員の方々にとっては朗報であろう。

 

※週4日以下の勤務となるような働き方をしている方については、

年次有給休暇が、働く日数によって減ずるため、年10日付与とならない場合が多い。

その場合は、5日間の付与の要件からは外れることとなる。

 

企業側の対応として予想されることは、

改正前までお休みとしていた日の5日分を労働日へ変えてしまい、

結果として年間の労働日数を減さないという方法が出てきそうであるが、

 

これは労働条件の不利益変更になるため、従業員との合意がない限りは

実施することができない。

 

無理な対応をすれば、トラブルの原因となる可能性もあるため、

従業員側で不明点があったり、会社側でどのように対応をしたらよいのかわからない場合は、

社会保険労務士などの専門家に意見を聞くことをおすすめしたい。

 

 

執筆者:立山

関連コラム

健康保険法が変わります
p;「全世代型社会保障改革の方針について」(令和2年12月15日閣議決定)等を踏まえ、現役世代への給付が少なく、給付は高齢者中心、負担は現役世代中心というこれまでの社会保障の構造を見直し、全ての世代で広く安心を支えていく「全世代…
従業員100名以上の企業は要準備!短時間労働者の社会保険適用拡大について解説します!
p; ≪法改正のポイント≫ 短時間労働者の社会保険(健康保険・厚生年金保険)適用について、現行では、『従業員数が常時500人超』の事業所を対象としていました(従業員数500人以下の事業所でも、労使で合意があれば社会保険に加入可能…
働き方改革推進支援助成金について(令和3年度交付申請受付開始)
p; 平成31年4月1日以降、働き方改革関連法が順次施行されております。最初の関連法施行から2年ほど経過し、世間的にも少しずつ理解が定着してきたように感じますが、まだまだ働き方改革は発展途上の段階です。 そこで今回は「働き方…
男性版「産休」制度?どう変わる、男性の育児休業
p; 男性版「産休制度」の新設? p; 男性の育児休業取得率は徐々に上昇しているとはいえ、いまだ10%未満という状況です。 そこで厚生労働省の労働政策審議会では男性の育児休業取得促進策を打ち立て、現在開催中の通常国会に法…
給与計算アウトソーシングのすすめ
p; 従業員を雇えば毎月発生する給与計算。貴社では毎月何時間かけて行われているのか考えてみた事はございますか?給与計算には月次業務のみならず年次業務も発生するので、年間で発生する作業時間は想定していたよりも実際には多い事が散見…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。