お役立ちコラム

従業員の自主的な残業は労働時間に該当しますでしょうか?

従業員の自主的な残業は労働時間に該当しますでしょうか?

上司から残業禁止命令があったかどうかが1つのポイントとなります。残業禁止命令がない場合に、従業員が自主的に残業したのだとすれば、労働時間と認められる可能性は高くなります(従業員が残業していることを知っていて、黙認している場合には、会社による黙示の指揮命令下で残業をしていたものと考えられ、会社に対して割増賃金等の支払い義務が認められる場合があります)。

これに対し、残業禁止命令がなされたのにもかかわらず、従業員が残業し続けたとしても、それは使用者の指揮命令下における業務とはいえず、労働時間に該当しなくなります。  

ただし、残業禁止命令がなされていたとしても、従業員に所定労働時間内に終わらせることができないような業務を与えていた場合など、従業員が残業せざるをえなかった場合には、労働時間として認められます。

長時間労働が問題となっている昨今、まずは無駄な残業を減らすため、会社として各人の業務量を把握し、業務体制が残業を前提としたものとなっていないか見直すことも重要かと思います。また、残業をする場合には、必ず上司の命令がなければならない事前命令制にすること等、体制変更を検討されてはいかがでしょうか?

関連コラム

産休・育休取得者 紛争解決事例集
令和なる新たな元号を迎え、女性を対象にした就労シンポジウム等を多く目にする機会があります。 今では中小企業等でも女性社員の比率は以前より多くなり、管理職として手腕を発揮している女性も多くいらっしゃると思います。 しかし、一方で、まだまだ女…
労働条件の明示が電子メール等も可能になります
労働条件の明示の電子化について教えてください。
社会保険労務士試験について
ひと月ほど前の平成30年11月9日、 第50回社会保険労務士試験の合格発表がありました。 今年の合格率は6.3%ということで、最近の合格率に照らしてみれば 平年並みか、少し難しい程度の難易度だったということになるのでしょうか。 試験は労働…
働き方改革で注目の産業医
働き方改革関連法の成立によって、産業医に関する法律の改正があると聞きました。どんなことが変わるのかポイントを教えてください。
36協定に特別条項を締結する場合、健康・福祉確保措置の明記が必要になります。
36協定に特別条項を締結する場合、健康・福祉確保措置について明記しなければならないのですか。

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。