お役立ちコラム

Why social insurance premiums become double in resigned month? /社会保険料の徴収

Why social insurance premiums become double in resigned month? 退職する時に給与から社会保険料を通常の2倍控除されたのですが、なぜですか?

The monthly social insurance premiums are determined in accordance with an employee’s wages, and are shared equally between an employer and employee. An employer must pay both the shared premiums together by the end of next month, so many employers deduct premiums for previous month which they should pay by the end of this month.

Meanwhile, premiums should be paid from the month when an employee join social insurance to the previous month when an employee leave social insurance(the next day resignation). Therefore, in case you resign on the end of the month, an employer deducts social insurance premiums for 2 months(previous month and this month).

*However, in case an employer deduct premiums for this month(not previous month), double social insurance premiums will not be deducted. Please check with an employer as necessary.

 

社会保険料の月額は従業員の給与をもとに決定され、事業主と労働者が半分ずつ負担します。事業主は従業員負担分と事業主負担分をまとめて翌月末日に納付しなければならないため、多くの会社はその月に納付すべき前月の保険料を控除しています。

ところで、従業員の給与から控除する社会保険料は、被保険者資格を取得した日の属する月から喪失した日(退職日の翌日)の属する月の前月まで発生します。

それゆえ、月末に退職した場合は、事業主は退職月の前月と退職月の2ヶ月分の保険料を退職月の給与から控除することができることになっています。

(ただし、(前月分ではなく)当月分の保険料を控除している場合は、2ヶ月分の控除はされません。必要に応じて、お勤めの会社にご確認ください。)

Thank you for reading to the end.

See you next HR・Payroll・Social insurance information.

CS accounting offers the greatest achievements in accounting, tax and HR one-stop outsourcing.

関連コラム

従業員100名以上の企業は要準備!短時間労働者の社会保険適用拡大について解説します!
p; ≪法改正のポイント≫ 短時間労働者の社会保険(健康保険・厚生年金保険)適用について、現行では、『従業員数が常時500人超』の事業所を対象としていました(従業員数500人以下の事業所でも、労使で合意があれば社会保険に加入可能…
健康保険組合の電子申請が開始しました!
p; 2020年4月から特定の法人について義務化されていた社会保険の電子申請のうち、健康保険組合に対する手続きは除外されていましたが、11月より健康保険組合の電子申請も開始されました。 そこで、今回は4月から開始している社会保険…
二つの会社で勤務する場合の労働保険・社会保険の取り扱い
同時に二つの会社で勤務することになった時、労働保険・社会保険についてはどのように取り扱えばよいでしょうか? 今回は、こちらについてお話したいと思います。 p; (1)労災保険について 労災保険の保険料は、それぞれの会社が支払う…
エクスパッツの取扱について
エクスパッツについて気を付けるべきことを教えて下さい。
随時改定(月変)のイレギュラー時の判断事例集※その2
随時改定(月変)のイレギュラー時の判断事例集※その1より続きます。 p; 一時帰休における随時改定の標準報酬月額の決定・改定について p; Q1 一時帰休に伴う随時改定について、1か月の全てについ…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。