お役立ちコラム

8月からキャリアアップ助成金の支給要件が拡充されたそうですが、具体的な内容を教えて下さい。

8月5日からキャリアアップ助成金の支給要件が拡充されたそうですが、具体的な内容を教えて下さい。

以下2点について、支給要件が拡充されました。

(1)賃金規定等改定(処遇改善コース)について(2016.8.24~)

≪現行≫

有期契約労働者等の基本給の賃金規定等を2%以上増額改定し、昇給した場合

○ すべての賃金規定等を増額改定した場合、対象労働者の数が

1人~3人:10万円(7.5万円) 4~6人:20万円(15万円)

7~10人:30万円(20万円) 11~100人:1人当たり3万円(2万円)

○ 一部(雇用形態・職種別等)の賃金規定等を増額改定した場合、対象労働者の数が

1人~3人: 5万円(3.5万円) 4~6人:10万円(7.5万円)

7~10人:15万円(10万円) 11~100人:1人当たり1.5万円(1万円)

 

≪拡充後≫

中小企業に対する加算措置が創設され、

○ 中小企業が基本給の賃金規定等を3%以上増額改定し、昇給した場合

上記現行制度の助成額に

1人当たり14,250円(※18,000円)を加算(すべての賃金規定等改定の場合)

1人当たり7,600円(※ 9,600円)を加算(一部の賃金規定等改定の場合)

(2)その他(2016.8.5~)

○ キャリアアップ計画書の提出期限の緩和

(人材育成コースは、従前のとおり訓練開始日の前日の1か月前まで)「取組実施前1か月まで」を「取組実施日まで」に変更

○ 賃金規定等の運用期間の緩和

「改定前の賃金規定等を3か月以上運用していること」が要件だったが、新たに賃金規定等を作成した場合でもその内容が、過去3か月の賃金の実態からみて2%以上増額していることが確認できれば助成対象

○ 最低賃金との関係に係る要件緩和

「最低賃金の公示日以降、賃金規定等の増額分に公示された最低賃金額までの増額分は

含めないこと」としていましたが、「最低賃金額の発効日以降、賃金規定等の増額分に発効された最低賃金額までの増額分は含めないこと」に変更

関連コラム

「勤務間インターバル制度」と「時間外労働等改善助成金」
p; 2018年に成立した、いわゆる「働き方改革法案」に伴い、努力義務が掲げられた「勤務間インターバル制度」。 今回は本制度と、その導入で受けることのできる助成金についてご紹介いたします。 p; p; 勤務間イン…
同一労働同一賃金について企業側の対応
同一労働同一賃金が話題になっていますが、企業側は具体的に何をすればいいのでしょうか。
両立支援等助成金について
両立支援等助成金とはどんな助成金なのでしょうか?男性労働者が育児休業を取得するともらえると聞いたのですが・・・。
リカレント教育への取組で、教育訓練給付金が変わったのですか?
リカレント教育への取組で、教育訓練給付金が変わったのですか?
従業員を会社都合で退職させると助成金が受けられなくなるって本当?
現在雇用関係の助成金申請を検討しているのですが、会社都合の退職があると助成金が受けられなくなるって本当ですか?

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。