お役立ちコラム

8月からキャリアアップ助成金の支給要件が拡充されたそうですが、具体的な内容を教えて下さい。

8月5日からキャリアアップ助成金の支給要件が拡充されたそうですが、具体的な内容を教えて下さい。

以下2点について、支給要件が拡充されました。

(1)賃金規定等改定(処遇改善コース)について(2016.8.24~)

≪現行≫

有期契約労働者等の基本給の賃金規定等を2%以上増額改定し、昇給した場合

○ すべての賃金規定等を増額改定した場合、対象労働者の数が

1人~3人:10万円(7.5万円) 4~6人:20万円(15万円)

7~10人:30万円(20万円) 11~100人:1人当たり3万円(2万円)

○ 一部(雇用形態・職種別等)の賃金規定等を増額改定した場合、対象労働者の数が

1人~3人: 5万円(3.5万円) 4~6人:10万円(7.5万円)

7~10人:15万円(10万円) 11~100人:1人当たり1.5万円(1万円)

 

≪拡充後≫

中小企業に対する加算措置が創設され、

○ 中小企業が基本給の賃金規定等を3%以上増額改定し、昇給した場合

上記現行制度の助成額に

1人当たり14,250円(※18,000円)を加算(すべての賃金規定等改定の場合)

1人当たり7,600円(※ 9,600円)を加算(一部の賃金規定等改定の場合)

(2)その他(2016.8.5~)

○ キャリアアップ計画書の提出期限の緩和

(人材育成コースは、従前のとおり訓練開始日の前日の1か月前まで)「取組実施前1か月まで」を「取組実施日まで」に変更

○ 賃金規定等の運用期間の緩和

「改定前の賃金規定等を3か月以上運用していること」が要件だったが、新たに賃金規定等を作成した場合でもその内容が、過去3か月の賃金の実態からみて2%以上増額していることが確認できれば助成対象

○ 最低賃金との関係に係る要件緩和

「最低賃金の公示日以降、賃金規定等の増額分に公示された最低賃金額までの増額分は

含めないこと」としていましたが、「最低賃金額の発効日以降、賃金規定等の増額分に発効された最低賃金額までの増額分は含めないこと」に変更

関連コラム

最低賃金改定
令和4年10月より最低賃金が改定されます。本コラムでは最低賃金改正に関して、具体的にどの様に変わるのか?また、これまで弊社へご相談頂いたご質問のご紹介や活用できる助成金のご案内等について、解説して参りたいと思います。目次最低賃金額はいつから…
仕事と不妊治療の両立
 令和4年4月より不妊治療の保険適用が開始されました。これまで経済的に治療を断念せざるを得なかった方にとっては大きな転換点であり、また、保険適用になったことで社会の理解も高まることが予想されます。企業の中にはすでに不妊治療希望者を支援する制…
育児休業者の代替要員を確保した場合の助成金をご存じですか?
貴重な人材を長く職場に定着させるためにも、「仕事と子育て・介護」の両立に不安を持つ従業員が安心して働き続けられる環境づくりと両立を支援することが重要な課題となっています。今年は育児・介護休業法が改正されることもあり、ますます休業取得支援、職…
働き方改革推進支援助成金について(令和3年度交付申請受付開始)
p; 平成31年4月1日以降、働き方改革関連法が順次施行されております。最初の関連法施行から2年ほど経過し、世間的にも少しずつ理解が定着してきたように感じますが、まだまだ働き方改革は発展途上の段階です。 そこで今回は「働き方…
新型コロナウィルスと雇用調整助成金2
まだまだ収束の目途が立たない新型コロナウィルス。WITHコロナの新しい業務形態になかなか馴染めず、四苦八苦されている会社・事業主様・社員の皆様も多いのではないでしょうか? 新型コロナウィルスの休業で注目された【雇用調整助成金】ですが、…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。