お役立ちコラム

非常勤役員の社会保険加入基準について

非常勤役員も社会保険に加入する必要があるのですか?

法人から労務の対償として報酬を受けている者は、法人に使用される者として社会保険の資格を取得するものとされていますので、非常勤役員の場合も、実質的に使用関係にあり、労務の対償として報酬を受けていれば、社会保険に加入する必要があります。

実質的な使用関係の有無については、以下の判断材料をもって総合的に判断することとされています。

 

1.定期的に出勤しているかどうか

2.当該法人における職以外に多くの職を兼ねていないかどうか

3.役員会等に出席しているかどうか

4.役員への連絡調整または従業員に対する指揮監督に従事しているかどうか

5.求めに応じて意見を述べる立場にとどまっていないかどうか

6.報酬が社会通念上労務の内容に相応したものであって、実費弁償程度の水準にとどまっていないかどうか

 

非常勤役員であっても、実態に基づいた複数の判断材料によって、社会保険に加入する必要がある場合がありますので、ご注意ください。

関連コラム

出向先で役員となった社員の労災保険、雇用保険の取り扱い
親会社で一般の労働者である者が、出向先で役員となった場合の労災保険・雇用保険の取扱いはどうなりますか。
使用人兼務役員の年末調整の注意点
役員と従業員の職務を有する「使用人兼務役員」の年末調整で注意すべきことはありますか。
法人の代表者の社会保険加入有無に関する判断基準
社会保険加入基準は「1週の所定労働時間および1月の所定労働日数が常用雇用者の4分の3以上(平成28年10月以降)」と定められていますが、法人の代表者についてはどの様に判断すれば良いのでしょうか?
役員の育児休業による保険料免除
役員が育児休業を取得しました。社会保険料は免除になりますか。
役員の就業規則は作成する義務はありますか?
役員の就業規則は作成する義務はありますか?

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。