お役立ちコラム

取締役が非居住者の場合、確定申告

取締役が非居住者の場合、確定申告は必要でしょうか。

取締役役員が非居従者の場合、毎月の報酬より20.42%の源泉所得税が課税徴収されております。

1年間非居住者の場合、給与所得については毎月の源泉所得にて完結となり確定申告は不要となります。

ただし、不動産所得などの所得がある場合は確定申告が必要になることもあります。

 

関連コラム

出向先で役員となった社員の労災保険、雇用保険の取り扱い
親会社で一般の労働者である者が、出向先で役員となった場合の労災保険・雇用保険の取扱いはどうなりますか。
使用人兼務役員の年末調整の注意点
役員と従業員の職務を有する「使用人兼務役員」の年末調整で注意すべきことはありますか。
法人の代表者の社会保険加入有無に関する判断基準
社会保険加入基準は「1週の所定労働時間および1月の所定労働日数が常用雇用者の4分の3以上(平成28年10月以降)」と定められていますが、法人の代表者についてはどの様に判断すれば良いのでしょうか?
役員の育児休業による保険料免除
役員が育児休業を取得しました。社会保険料は免除になりますか。
役員の就業規則は作成する義務はありますか?
役員の就業規則は作成する義務はありますか?

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。