お役立ちコラム

医療費の窓口負担を抑える方法はありませんか?

入院するため、医療費が高額になりそうです。病院での支払いを少しでも軽減することはできないでしょうか?

医療機関等の窓口でのお支払いが高額な負担となった場合は、あとから申請いただくことにより自己負担限度額を超えた額が払い戻される「高額療養費制度」があります。

しかし、あとから払い戻されるとはいえ、一時的な支払いは大きな負担になります。

 

70歳未満の方でしたら、医療費が高くなりそうな場合は、事前に「健康保険限度額適用認定申請書」を健保組合(協会けんぽ)へ提出いただくことにより「健康保険限度額適用認定証」が発行されます。「健康保険限度額適用認定証」と保険証を併せて医療機関の窓口に提示することで、医療機関の窓口で支払う1ヵ月分の医療費が一定の金額(自己負担限度額)までとなります。

また、市町村民税が非課税などによる低所得者は、「健康保険限度額適用・標準負担額減額認定申請書」を申請することにより、「健康保険限度額適用・標準負担額減額認定証」が発行されます。

  • 対象になるのは、ひと月分の医療費のみです。月をまたぐとリセットされます。
  • 入院時の食事代や、保険の範囲外の差額ベッド代、先進医療は対象外です。
  • 複数の病院に係っている場合は、病院ごとに計算されます。
  • 普通の医科と歯科、入院と外来は別に扱ってそれぞれ計算されます。
  • 過去2年分までなら、さかのぼって請求することができます。

 

また、70歳以上の方は、限度額適用認定証の手続きは不要です。

保険証と高齢受給者証を保険医療機関に提示することで、自動的に自己負担限度額までとなります。ただし、市町村民税が非課税などによる低所得者は、「健康保険限度額適用・標準負担額減額認定申請書」の申請をすることにより、「健康保険限度額適用・標準負担額減額認定証」が発行され、医療機関の窓口で低所得者の自己負担限度額まで軽減されます。

 

執筆者:三枝

関連コラム

エクスパッツの取扱について
エクスパッツについて気を付けるべきことを教えて下さい。
随時改定(月変)のイレギュラー時の判断事例集※その2
随時改定(月変)のイレギュラー時の判断事例集※その1より続きます。 p; 一時帰休における随時改定の標準報酬月額の決定・改定について p; Q1 一時帰休に伴う随時改定について、1か月の全てについ…
随時改定(月変)のイレギュラー時の判断事例集※その1
被保険者の報酬が、昇(降)給等の固定的賃金の変動に伴って大幅に変わったときは、定時決定を待たずに標準報酬月額を改定します。これを随時改定(イコール月変・以下月変と表記)といいます。 月変は、次の3つの条件を全て満たす場合に行います。 …
傷病手当金について
「傷病手当金」ってご存知ですか?健康保険の被保険者が私傷病(業務上、あるいは通勤途中のケガや病気は除きます)により欠勤を余儀なくされた場合、給料の全額ではありませんが、一定額が保障されるというありがたい制度です。 しかし、この制度を知ら…
社会保険労務士試験について
ひと月ほど前の平成30年11月9日、 第50回社会保険労務士試験の合格発表がありました。 今年の合格率は6.3%ということで、最近の合格率に照らしてみれば 平年並みか、少し難しい程度の難易度だったということになるのでしょうか。 試験は労働…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。