お役立ちコラム

定年退職後の配偶者(専業主婦)の国民年金手続きについて

定年退職(60歳)予定の者から、退職後の配偶者(専業主婦・60歳未満)の国民年金保険の取り扱いについて質問がありました。再就職の予定はありません。 どのように対応すれば良いでしょうか?

配偶者が60歳未満の場合、国民年金の第1号被保険者として配偶者ご自身で国民年金保険料を支払う必要があります。在職中は、配偶者は第3号被保険者として保険料が免除されていましたが、退職後は第1号被保険者に種別変更しなければなりません。

変更手続きは、お住まいの市町村の国民年金窓口にて退職後の14日以内に行ってもらう事になります。

手続きに必要なものは、ご本人と配偶者の年金手帳及び基礎年金番号通知書・印鑑・社会保険喪失証明書となります。

但し、配偶者が60歳を超えている場合には、既に国民年金の被保険者ではなくなっているため、

この手続きの必要はありません。

関連コラム

高齢任意加入被保険者について(70歳以上でも厚生年金に加入できる?!)
先日、新聞等で「厚生年金保険に70歳以上も加入出来る様にし、保険料徴収を検討する」という内容が報道され、改めて日本の少子高齢化対策は急務であることを再認識した次第です。 そんな厚生年金保険に関して、現行法はどの様になっているのでしょうか?…
エクスパッツの取扱について
エクスパッツについて気を付けるべきことを教えて下さい。
随時改定(月変)のイレギュラー時の判断事例集※その2
随時改定(月変)のイレギュラー時の判断事例集※その1より続きます。 p; 一時帰休における随時改定の標準報酬月額の決定・改定について p; Q1 一時帰休に伴う随時改定について、1か月の全てについ…
随時改定(月変)のイレギュラー時の判断事例集※その1
被保険者の報酬が、昇(降)給等の固定的賃金の変動に伴って大幅に変わったときは、定時決定を待たずに標準報酬月額を改定します。これを随時改定(イコール月変・以下月変と表記)といいます。 月変は、次の3つの条件を全て満たす場合に行います。 …
海外赴任する従業員の社会保険はどのように手続きをすれば良いですか?
日本法人から海外の現地法人へ赴任させる従業員がいるのですが、現地国の社会保障制度へ加入する必要はありますか?

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。