お役立ちコラム

社員が受講した研修代は研修費か給与か?

弊社の社員が、自身のスキルアップの一環として、社外で受講した研修費用があります。この研修費用を会社負担とするのですが、研修費とすべきか給与とすべきか、どちらがよいのでしょうか。

研修の内容が、その受講した社員の仕事に直接関係のある技術や知識を習得するための費用である場合は、その費用が適正な金額であれば、給与として課税しなくてもよいことになっています。研修会や講習会などの参加費用の他、大学における講義費用なども認められることとなります。また、会計では一般的に、研修費や教育訓練費等の販売費及び一般管理費に属する勘定科目で処理します。

 また、研修旅行についても、一定の要件を満たすことで損金に算入することが可能となります。同様の内容として、経理・会計・税務BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)お役立ち情報vol.30に「旅行を兼ねた会議に関する内容」がございますので、参考になさってください。

なお、研修費とは異なりますが、業務に必要な社員が保持する資格(医師・会計士・税理士、弁護士等)の登録免許税を会社で負担する場合は租税公課で処理します。

 

<参考文献等>

国税庁HP タックスアンサー No.2601 職務に必要な技術などを習得する費用を支出したとき

http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2601.htm

登録免許税法

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S42/S42HO035.html  

関連コラム

新コラムサイト「経理のススメ」開設のお知らせ
会計・経理のお役立ちコラムを新規開設しました! p; p;「経理のススメ」
源泉所得税の「納期の特例」総まとめ!
■ 源泉所得税の納付 p; 自社の従業員に給料を支払うときや弁護士、税理士等に報酬を支払うときには報酬額から源泉所得税を控除して、その控除した源泉所得税を税務署に納める必要があります。この源泉所得税の納付期限は原則として、支払をし…
退職所得控除額の計算方法の注意点-2回目の退職金の支給を受けた場合-
今回は、転職に伴い退職金の支給を複数回受けた場合の退職所得控除額について説明します。 p; ■ 基本的な退職所得控除額の計算方法 p; 退職所得の金額計算に必要な退職所得控除額は、退職金の支給を受けた会社での勤続年数に応…
日本とデンマークの新租税条約(源泉所得税)
「所得に対する租税に関する二重課税の除去並びに脱税及び租税回避の防止のための日本国とデンマーク王国との間の条約」(以下「新条約」といいます。)が平成30年12月27日に発効し、源泉所得税については平成31年1月1日から適用が開始されること…
派遣会社への業務委託料、源泉徴収は必要?
この度、弊社で人材派遣を利用することになりました。派遣社員を雇用する場合、派遣会社に支払う業務委託料に対して源泉徴収の必要はあるのでしょうか?

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。