お役立ちコラム

地方法人特別税って損金算入できますか?

平成20年の税制改正で地方法人特別税が創設されたと思います。これは、事業税ではないので、法人税法上、損金算入することはできないでしょうか?損金算入できないとしたら会社の税負担が増えるのではないかと思いまして・・・。

地方法人特別税が創設されたことに伴い、事業税の税率は引き下げられ、その分が地方法人特別税として、徴収されることになりますが、事業税と地方法人特別税とを合わせた合計での税額は、改正前の事業税の税額とほぼ一致するようになっております。

合計での税額が改正前と同額だとしても、事業税は、法人税の計算上、損金算入することが可能ですが、今回創設された地方法人特別税が損金算入されないとすると、結果として会社の税負担が増えるのではないかという心配からのご質問だと思います。結論から申し上げますと、地方法人特別税も事業税と同様に損金算入することができます。

法人税基本通達の租税公課の損金算入の特例(法人税基本通達9-5-2)の名称が「事業税の損金算入の時期の特例」から「事業税及び地方法人特別税の損金算入の時期の特例」と変更されており、地方法人特別税も法人事業税と同様に損金算入することが明記されております。

このように地方法人特別税が創設されても、会社での税負担は増えることになりませんので、ご安心下さい。

 

関連コラム

新コラムサイト「経理のススメ」開設のお知らせ
会計・経理のお役立ちコラムを新規開設しました! p; p;「経理のススメ」
領収書の宛名記載について
経費精算処理において、従業員が宛名のない領収書を提出してきました。これは精算して問題ないのでしょうか。
領収書等のスキャナ保存
領収書や請求書等書類の保存期間は税務上決まっていますが、社内のスペースが足りないため、倉庫に送って保管しています。スキャナで領収書等を読み取って電子データの形で保存すれば原本は廃棄してよいと聞きましたが、必要な条件を教えてください。
国際観光旅客税とは何ですか?
新しく導入される国際観光旅客税とは何ですか?まだ、どのように使われるのでしょうか。
日本とデンマークの新租税条約(源泉所得税)
「所得に対する租税に関する二重課税の除去並びに脱税及び租税回避の防止のための日本国とデンマーク王国との間の条約」(以下「新条約」といいます。)が平成30年12月27日に発効し、源泉所得税については平成31年1月1日から適用が開始されること…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。