お役立ちコラム

残業食が支給されますが、給与課税はされるのでしょうか?

経理部におりますが、昨今のタイムリーディスクローズの影響で、決算の時期はほぼ毎日午前零時近くまで残業をしております。そのため、残業時に食事をした場合は、領収書と引き替えに食事代を会社が負担してくれることになりました。

ほぼ、毎日残業が続いているのですが、残業食事代は給与所得として課税されるのでしょうか?

所得税の基本通達36-24で、残業食事代について、一定の場合は課税しなくてよいと定められております。

「36-24  課税しない経済的利益......残業又は宿日直をした者に支給する食事

使用者が、残業又は宿直若しくは日直をした者(その者の通常の勤務時間外における勤務としてこれらの勤務を行った者に限る。)に対し、これらの勤務をすることにより支給する食事については、課税しなくて差し支えない。」

このように、勤務時間外に仕事をした際に支給される食事ついては、実費弁償的なものであるという観点から、課税はされません。

また、たとえ連日残業食事代が支給されたとしても、通常の勤務時間を超えて仕事をした場合には、課税する必要はありません。

ただし、残業食事代が実費弁償であるという趣旨から、会社としては、実際に食事をした領収書を入手したり、常識的な範囲内で負担をするということにも留意してください。

たとえ、給与課税をされずに残業食が支給されたとしても、体をこわしてしまっては大変ですので、なるべく早く帰れる日が多くなるように仕事の分担や人員の確保もあわせて考えていただければと思います。

関連コラム

新コラムサイト「経理のススメ」開設のお知らせ
会計・経理のお役立ちコラムを新規開設しました! p; p;「経理のススメ」
源泉所得税の「納期の特例」総まとめ!
■ 源泉所得税の納付 p; 自社の従業員に給料を支払うときや弁護士、税理士等に報酬を支払うときには報酬額から源泉所得税を控除して、その控除した源泉所得税を税務署に納める必要があります。この源泉所得税の納付期限は原則として、支払をし…
退職所得控除額の計算方法の注意点-2回目の退職金の支給を受けた場合-
今回は、転職に伴い退職金の支給を複数回受けた場合の退職所得控除額について説明します。 p; ■ 基本的な退職所得控除額の計算方法 p; 退職所得の金額計算に必要な退職所得控除額は、退職金の支給を受けた会社での勤続年数に応…
日本とデンマークの新租税条約(源泉所得税)
「所得に対する租税に関する二重課税の除去並びに脱税及び租税回避の防止のための日本国とデンマーク王国との間の条約」(以下「新条約」といいます。)が平成30年12月27日に発効し、源泉所得税については平成31年1月1日から適用が開始されること…
派遣会社への業務委託料、源泉徴収は必要?
この度、弊社で人材派遣を利用することになりました。派遣社員を雇用する場合、派遣会社に支払う業務委託料に対して源泉徴収の必要はあるのでしょうか?

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。