お役立ちコラム

医療費が高額になった際の支払い軽減方法について教えてください。

入院するため、医療費が高額になる予定です。病院の窓口で医療費の支払いを軽減する方法はあると聞きましたが、その方法を教えてください。

 健康保険の高額療養費制度になります。高額療養費制度では、医療機関より請求された医療費の全額を支払った上で申請することにより、あとから自己負担限度額を超えた金額が払い戻しされます。しかし、一時的にせよ多額の費用を立て替えることになるため、経済的に大きな負担となるのが難点です。

 そこで、入院などにより、医療費が高くなりそうな場合は、事前に協会けんぽ(健康保険組合等)に限度額適用認定申請書を申請して、「限度額適用認定証」の交付を受けて、医療機関の窓口に提示することで、医療機関の窓口で支払う1ヵ月の医療費負担が自己負担限度額までで済むようになります。ただし、保険適用とならない費用(差額ベッド代など)は別途支払いが必要になります。

また、70歳以上の方は、原則、限度額認定証の手続きは不要になります。

 

<一般的な限度適用認定証の手続きの流れ>

① 限度額適用認定申請書を協会けんぽ(健康保険組合等)へ提出します。

② 限度額適用認定証が交付されます。

③ 医療機関の窓口で限度額適用認定証を提示します。

④ 同一医療機関の1ヵ月の医療費負担が自己負担限度額までとなります。

 

 

(参照)

厚生労働省:限度額適用認定証をご利用ください

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat550/1137-91156

 

執筆者:和田

 

関連コラム

被用者保険(厚生年金・健康保険)適用除外の取り扱いが変わります。
被用者保険(厚生年金・健康保険)適用除外の取り扱いが変わります。従来、健康保険、厚生年金保険の被保険者とされない人は、下記の表の通りとなっておりました。このうち、『2か月以内の期間を定めて使用される人』の取り扱いが変わります。令和4年10月…
マイナンバーカードの健康保険証利用について
令和3年10月20日より、一部の医療機関でマイナンバーカードが保険証として利用できるようになりました。しかし、まだまだマイナンバーカードを保険証として利用できる医療機関は一部(※)に限られています。令和4年1月9日時点での運用開始施設数 …
任意継続被保険者制度見直しについて解説します!
2022年1月1日より健康保険の任意継続被保険者制度が一部改正となります。本コラムでは法改正の内容について解説してまいります。1.退職後の健康保険の選択肢は?退職後の健康保険の選択肢としては、(1)任意継続制度、(2)国民健康保険、(3)…
新型コロナウイルスでお休みした場合や今後の法改正について解説します!
 傷病手当金は、病気療養中に被保険者(社員)とその家族の生活を保障するために設けられた制度で、被保険者が病気やケガのために会社を休み、事業主から十分の報酬が受けられない場合に1日あたり支給開始日以前の継続した12ヶ月間の各月の標準報酬月額を…
健康保険法が変わります
p;「全世代型社会保障改革の方針について」(令和2年12月15日閣議決定)等を踏まえ、現役世代への給付が少なく、給付は高齢者中心、負担は現役世代中心というこれまでの社会保障の構造を見直し、全ての世代で広く安心を支えていく「全世代…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。