お役立ちコラム

マイナンバーに関する罰則について

マイナンバーに関する罰則にはどのようなものがありますか。

番号法(正式名称:行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律)では、個人情報保護法よりも罰則の種類が多く、法定刑も重くなっています。その中でも民間事業者や個人も主体になりうるものについてご紹介します。

主体

行為

法定刑

個人番号利用事務、個人番号関係事務などに従事する者や従事していた者

正当な理由なく、業務で取り扱う個人の秘密が記録された特定個人情報ファイルを提供

4年以下の懲役 または

200万円以下の罰金

(併科されることもある)

業務に関して知り得たマイナンバーを自己や第三者の不正な利益を図る目的で提供し、または盗用

3年以下の懲役 または

150万円以下の罰金

(併科されることもある)

主体の限定なし

人を欺き、暴行を加え、または脅迫することや財物の窃取、施設への侵入、不正アクセス行為などによりマイナンバーを取得

3年以下の懲役 または

150万円以下の罰金

偽りその他不正の手段により通知カード又は個人番号カードの交付を受けること

6か月以下の懲役 または

50万円以下の罰金

特定個人情報の取扱いに関して法令違反のあった者

特定個人情報保護委員会の命令に違反

6か月以下の懲役 または

50万円以下の罰金

特定個人情報保護委員会から報告や資料提出の求め、質問、立入検査を受けた者

虚偽の報告、虚偽の資料提出、答弁や検査の拒否、検査妨害など

1年以下の懲役 または

50万円以下の罰金

このほか、国外犯に関する罰則や、両罰規定も規定されています。

 

 

 

 

関連コラム

家族のマイナンバー収集
従業員の家族のマイナンバーは収集しなくてはならないのでしょうか?収集時の注意点があれば教えてください。
マイナンバーの番号確認書類について
「個人番号カード交付申請書 兼 電子証明書発行/更新申請書」を従業員より提出をしてもらいましたが、この書類は番号確認書類として良いでしょうか?
住所変更をした従業員のマイナンバー通知カードについて
住所変更をした従業員はマイナンバー通知カードについても届出をして住所変更する必要があるのでしょうか?
従業員からマイナンバー(個人番号)の提供を拒否された場合、どのように対応すればよいですか。
従業員からマイナンバー(個人番号)の提供を拒否された場合、どのように対応すればよいですか。
マイナンバー制度導入に伴う各種様式の変更について
年末調整も近づき、マイナンバー制度導入に伴う届出各種様式の変更について再度確認したいですのですが何か便利なツールはありますか?

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。