お役立ちコラム

退職日、社会保険資格喪失日、社会保険料の関係について

退職日と社会保険資格喪失日は違うのですか?

はい、原則として退職日の「翌日」が社会保険資格喪失日になります。また、資格喪失日により、控除すべき社会保険料が変わります。

※ 退職前に有給休暇を取得する場合も多いと思いますが、その場合、最後に出社する日は退職日ではなく「最終出社日」です。有給休暇取得中はまだ会社に在籍していて、社会保険の資格も継続していますので、最終出社日と退職日を混同しないようにしましょう。

社会保険料は資格喪失月(退職日の翌日の属する月)の前月分までを月単位で計算します。

例① 月末の退職:7/31退職→8/1資格喪失日→7月分まで控除
※ 社会保険料を翌月徴収としていて、8月の給与支給が無い、または少ない場合は、一般的には7月給与時に2ヶ月分(6・7月分)の社会保険料を控除します。

例② 月末以外の退職:7/30退職→7/31資格喪失→6月分まで控除
※ 社会保険料は月単位で計算し、日割の概念はありません。よって、この例の場合7/30まで健康保険証は有効ですが、7月分の社会保険料は一切発生しません。

例③ 同一月内の入社・退職:7/3入社(資格取得)、7/25退職→1ヶ月分の保険料を控除
※ 社会保険料は月単位で計算し、日割の概念はありません。よって、この例の場合1ヶ月分の社会保険料が発生します。

賞与に係る社会保険料についても同様で、資格喪失月(退職日の翌日の属する月)に支給される賞与からは社会保険料を控除しません。

例① 7/10賞与支給、7/31退職→8/1資格喪失→7/10賞与から社会保険料を控除する

例② 7/10賞与支給、7/30退職→7/31資格喪失→7/10賞与から社会保険料を控除しない

 

関連コラム

支店開設した場合、労働保険、社会保険は何か手続きが必要なのでしょうか?
今回、新たに支店を開設しました。労働保険、社会保険の手続きは本社で行っていいのでしょうか。

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。