お役立ちコラム

ロカベンって何ですか?

企業の経営状態をリアルタイムかつ簡単に把握することは経営に関わる方には非常に優先度の高い論点ではないでしょうか。ローカルベンチマークは、企業の経営状態をその企業の経営者や金融機関等と共有することを目的として経済産業省がHPで公表している財務分析ツールです。

このツールはExcelで作成されていて限られた財務情報を入力することで定量的な6つの経営指標(①売上高増加率(売上持続性)、②営業利益率(収益性)、③労働生産性(生産性)、④EBITDA有利子負債倍率(健全性)、⑤営業運転資本回転期間(効率性)、⑥自己資本比率(安全性))を算出し、類似業種と比較した結果を数値化して表示するものです。経営指標の算出に必要な財務情報の入力項目は、売上高や流動資産・負債など決算書から読み取れるものに限られているため、自社の状態を簡便的に把握するツールとしては使い勝手が良いものではないでしょうか。

この他に定性的な4つの項目(①経営者への着目、②関係者への着目、③事業への着目、④内部管理体制への着目)とその事業の商流の記載項目が予め用意されているので、決算書では読み取れない企業の状況を金融機関等へ説明する際などの資料としても活用が期待できます。

6つの経営指標のうち海外の計算書類では記載が多くみられる④EBITDA有利子負債倍率(健全性)ですが、日本ではあまり馴染みが無いものかと思いますので少し補足をすると、EBITDAとはEarnings Before Interest, Taxes, Depreciation, and Amortizationの頭文字の略です。EBITDAは支払利息・税金・減価償却を控除する前の利益のことで、④は有利子負債がEIBITDAの何倍なのかを表しています。この指標によって、期末時点の借入金が年間利益(返済原資の最大値)の何年分であるかは読み取ることができるものの、返済能力と利益は異なることの方が多くみられるため、利用する際は十分ご留意ください。

経済産業省HP

http://www.meti.go.jp/policy/economy/keiei_innovation/sangyokinyu/locaben/

執筆者:香取

 

関連コラム

新コラムサイト「経理のススメ」開設のお知らせ
会計・経理のお役立ちコラムを新規開設しました! p; p;「経理のススメ」

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。