お役立ちコラム

専属的下請け業者の従業員に対する報奨

社内表彰会で協力業者(専属的に弊社業務を継続的に行う下請け業者)の社員を招待して表彰するために、旅費(宿泊費含む)と日当を支給します。下記①~②についての会計処理について教えてください。 ①当社従業員の旅費規程に準じて協力業者社員へ直接支給する旅費の処理 ②当社旅費規程に準じて支給する日当 ③協力業社員への報奨金(金銭にて協力業者従業員へ支払う)

租税特別措置法関係通達61の4(1)-18において、下記定めがございます。

(下請企業の従業員等のために支出する費用)


次に掲げる費用は、業務委託のために要する費用等として交際費等に該当しないものとする。


(1) 省略


(2) 法人の工場内、工事現場等において、無事故等の記録が達成されたことに伴い、その工場内、工事現場等において経常的に業務に従事している下請企業の従業員等に対し、自己の従業員等とおおむね同一の基準により表彰金品を支給するために要する費用

(3) 法人が自己の業務の特定部分を継続的に請け負っている企業の従業員等で専属的に当該業務に従事している者(例えば、検針員、集金員等)の慰安のために行われる運動会、演芸会、旅行等のために通常要する費用を負担する場合のその負担額

(4) 省略

まず、ご質問①②ついては、上記(3)における「通常要する費用」に該当すれば、交際費ではないと考えられます。「通常要する費用」とは、自己の従業員のために支給したとしても、給与としての課税がされない費用に相当するものをさしますので、貴社の旅費規程に基づいた金額で旅費の精算をするのであれば、それは「通常要する費用」に相当するもの考えられますので、交際費に該当しないと考えらえます。


また旅費規程に基づいた日当であれば、自己の従業員のために支給しても給与課税の対象とならないため、同様に「通常要する費用」に含まれ、給与課税の対象にならないと考えられます。

以上より、①②については、交際費ではなく通常経費(業務委託費等)として処理されるものと考えられます。

次に、ご質問③については、貴社業務の下請けを専属的に継続して行っているため、上記(2)より、基本的には交際費に該当しないものと考えられます。 こちらも①②と同様、通常経費での処理で問題ありません。

ただし、専属的に継続して貴社の下請けをしていない下請け業者への報奨金の支払いの場合は、あらかじめ定められた一定の表彰基準によって、協力業者へ金銭または少額物品を交付するのであれば交際費の対象にはなりませんが、協力業者の従業員へ交付する場合、又は協力業者へ物品(少額物品を除く)を交付する場合には交際費として取り扱われることになりますので、その点ご留意が必要です。

<参考文献等>

租税特別措置法関係通達61の4(1)-18

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kobetsu/hojin/sochiho/750214/08/08_61_4a.htm

関連コラム

グループ法人税制
完全支配関係のある法人間の取引には「グループ法人税制」と呼ばれる制度の適用があります。本来、完全支配関係がある法人間であっても別の法人であれば、個々の取引は互いに影響を与えないものですが、実態としてはグループ一体としての経営がされている…
「交際費等の範囲」の概要と具体例~押さえておくべき他科目との違い
p; p; 1.交際費等の法人税法上の取扱い 交際費等とは「交際費、接待費、機密費その他の費用で、法人が、その得意先、仕入先その他事業に関係のある者等に対する接待、供応、慰安、贈答その他これらに類する行為のために支出す…
接待飲食費(飲食交際費)の「5,000円基準」の概要と具体例
p; 1.交際費等の損金算入規定 交際費等とは「交際費、接待費、機密費その他の費用で、法人が、その得意先、仕入先その他事業に関係のある者等に対する接待、供応、慰安、贈答その他これらに類する行為のために支出するもの」(※1)と…
青色申告(法人)
p; 青色申告制度の概要 p; 法人税の申告には、白色申告と青色申告があります。青色申告は会社に日々の取引を記録した一定の帳簿書類の備え付けと保存を義務付ける代わりに、法人税を計算する上で、白色申告よりも有利な特典を認め…
借地権と底地との交換に伴う圧縮記帳
借地権者であるA社は、底地権者であるB社の土地を賃借しておりましたが、借地期限の満了に伴い、A社は借地の半分(半分の借地権時価32百万円と評価)を返還し、B社は残り半分の借地に係る土地(半分の底地権時価27百万円と評価)の所有権をA社に与…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。