お役立ちコラム

役員報酬は自由に減額できるのでしょうか?

不祥事が起こった際に、役員が責任を取って役員報酬をカットすることなどが良くニュースで聞かれますが、役員報酬は自由に減額できるものなのでしょうか?

役員報酬は定款または株主総会の決定事項になるため、任期満了までは役員本人の同意がない限り、自由には減額できない可能性が高いです。

役員報酬は定款又は株主総会の決議によって取締役の報酬額が具体的に定められた場合には、その報酬額は会社と取締役間の契約内容となるため、本人の同意を得ずに任期中に無報酬化することはできないとされた判例があります。(最高裁判決 平成4.12.18)

これは常勤役員から非常勤になるなど、職務内容に著しい変更があっても同じとされており、役員会で報酬カットを決めても、それに同意しない役員には強制できないこととなっています。

関連コラム

給与が一部未払の場合の源泉徴収は、どのようにすればよいでしょうか。
給与が一部未払の場合の源泉徴収は、どのようにすればよいでしょうか。

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。