お役立ちコラム

交通事故で労災保険は使えるのでしょうか?

営業のため社用車で外回りをしている際、自分の不注意で事故を起こしてしまい怪我をしてしまいました。自分に100%過失があるために自賠責保険が使えないのですが、労災の給付を受けることは可能でしょうか?

労災保険では過失割合は問題になりませんので、労災の給付を受けることが可能です。

交通事故による損害に対して、自賠責保険(国土交通省管轄)と労災保険(厚生労働省管轄)のどちらが優先して支給されるかについて法律上の規定はありません。政府内(省庁間)で「交通事故の場合は労災保険より自賠責保険適用が優先」とする行政通達が定められていますが、実際は自賠責保険と労災保険のどちらを利用するかは、被災労働者本人が決めることができます。

実際に交通事故で被災した場合は、通常は自賠責保険先行で何ら問題は有りません。なお自賠責保険の傷害事故の限度額は120万円となっています。この限度額には、治療費・休業補償・慰謝料のすべてが含まれています。ただし被害者の過失割合が100%の場合は、自賠責保険の保険金は支払われません。

労災保険は誰に過失があるのかは問題にならないため、自賠責保険が使えない場合などは労災保険に請求することができます。ただし飲酒運転など重大な過失の場合は、労災給付の全部または一部が受けられない場合があります。また慰謝料は労災保険の給付項目にありませんので、請求することは出来ません。

なお、自賠責保険と労災保険の両方が使える場合は請求の仕方によって損得が出る場合があります。例えば、自賠責保険の限度額の120万を超えた時点から治療費・休業補償費を労災に保険に切り替えて請求することが可能ですし(慰謝料は請求不可)、治療費は自賠責保険、休業補償は労災保険への請求が可能等、いろいろな請求方法が可能なため、状況によって判断するのがよいと思われます。

関連コラム

高齢者、学生、パートなどさまざまな雇用保険の加入手続きについて
人事の皆様は雇用保険加入手続きを日頃より行われている事かと思いますが、雇用保険の加入基準を正しく理解されていますでしょうか? 学生アルバイトの雇用、65歳以上の高齢者を雇用、又は外国人を雇用等、昨今の人出不足と相まって多様な人材を雇用す…
労働基準法上の中小企業に該当する基準を教えてください。
労働基準法上の法定割増賃金率の引上げ関係の猶予対象となる中小企業に該当するかどうかは、何を基準に判断するのですか。
業務または通勤が原因で死亡した労働者の遺族に支給される給付について教えてください。
業務または通勤が原因で死亡した労働者の遺族に支給される給付について教えてください。 p;
社会保険労務士試験について
ひと月ほど前の平成30年11月9日、 第50回社会保険労務士試験の合格発表がありました。 今年の合格率は6.3%ということで、最近の合格率に照らしてみれば 平年並みか、少し難しい程度の難易度だったということになるのでしょうか。 試験は労働…
承認していない通勤方法での通勤災害
当社では貸与している社用車以外での自動車通勤は認めていないのですが、電車通勤で承認を受けている社員が自家用車で通勤をし、事故を起こしてしまいました。この場合、通勤災害になるのでしょうか?

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。