お役立ちコラム

生命保険契約に係る満期保険金等を受け取った際の課税関係

私はこの度自らが保険料の負担をしている生命保険契約が満期を迎えたことによる満期保険金を一時金で受領しました。この場合は確定申告が必要になってくるのでしょうか。

  生命保険契約の満期や解約により保険金を受け取った場合には、保険料の負担者、保険金受取人がだれであるかにより、所得税、贈与税のいずれかの課税の対象になります。
  今回のケースは保険料の負担者と保険金の受領者が同一になりますので所得税が課されることとなります。
  また満期保険金は受領の仕方により一時所得又は雑所得に該当しますが今回は一時金で受領されておりますので一時所得に該当し、確定申告が必要となります。
 
<参考文献等>
  国税庁HP
  生命保険契約に係る満期保険金等を受け取ったとき

関連コラム

新コラムサイト「経理のススメ」開設のお知らせ
会計・経理のお役立ちコラムを新規開設しました! p; p;「経理のススメ」
死亡後に支払った医療費の取扱い
父親が入院治療中に亡くなり、死亡後に入院期間中の医療費を支払いました。この支払った医療費はどのような取扱いになりますでしょうか?

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。