お役立ちコラム

個人型確定拠出年金の対象者について

会社で確定給付企業年金に加入していますが、同時に個人型確定拠出年金にも加入することも可能ですか?

会社が企業型確定拠出年金を実施している場合には、企業型確定拠出年金規約において、iDeCo(個人型確定拠出年金)への加入を認めている場合に限り、確定給付企業年金加入者も加入可能です。

ただし、企業型確定拠出年金規約において、マッチング拠出を規定している場合、iDeCoへの加入を併用する事は出来ません。会社はマッチング拠出かiDeCoへの加入のどちらかを選択します。また、iDeCoへの加入を企業型確定拠出年金規約に規定した場合、企業型確定拠出年金における事業主掛金の拠出限度額は以下のとおりです。

1.企業年金等のうち、企業型確定拠出年金のみを実施している場合     …年額42.0万円(月額3.5万円)

2.企業年金等のうち、企業型確定拠出年金と確定給付型年金を併用している場合…年額18.6万円(月額1.55万円)

iDeCoの最大の特徴としては、以下の3つの税制優遇メリットがあることです。(この税制優遇メリットはマッチング拠出も同様です。)

  1. 掛金が全額所得控除されます。

確定拠出年金の掛金は、全額「小規模企業共済等掛金控除」の対象となり、課税所得額から差し引かれる為、

所得税・住民税が軽減されます。

  1. 確定拠出年金制度内での運用益が非課税となります。

金融商品の運用益は課税対象ですが、確定拠出年金内の運用商品の運用益については、非課税扱いとされています。

  1. 受給時に所得控除を受けられます。

受給年齢に到達して確定拠出年金を一時金で受給する場合は「退職所得控除」、年金で受給する場合は「公的年金等控除」の対象となります。

 

執筆者:緒方

 

関連コラム

選択制DCのメリット・デメリット
勤めている会社で選択制DCが導入されたのですが、加入することでどのようなメリット・デメリットがありますか? p;

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。