お役立ちコラム

マイナンバーの提供依頼に対する代理人要件

自己のマイナンバーに対する提供の依頼に応じるため、自己の代理人を設ける場合の、本人確認時に必要となる書類を教えてください。

マイナンバーを取得する際には、本人確認を行う必要があり、本人が代理人を立てている場合の本人確認の措置として、原則的には下記3点を確認する必要があります。

①代理権の確認

法定代理人の場合は戸籍謄本その他その資格を証する書類、任意代理人の場合には委任状が必要となります。


②代理人の身元(実存)の確認

(1)  代理人が個人の場合は、個人番号カード・運転免許証・運転経歴証明書・旅券・身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳・在留カード・特別永住者証明書。官公署から発行・発給された書類その他これに類する書類であって、写真の表示灯の措置が施され、個人番号利用事務実施者が適当と認めるもの。

(2)  代理人が法人の場合は、登記事項証明書その他の官公署から発行された書類、及び現に個人番号の提供を行う者と当該法人との関係を証する書類その他これらに類する書類であって個人番号利用事務実施者が適当と認める書類


③本人の番号確認

本人の個人番号カード又はその写し、本人の通知カード又はその写し、本人の個人番号が記載された住民票の写し・住民票記載事項証明書又はその写し

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。