home
close

会計・人事用語集

会計基準(ASBJ・IFRS)

実現主義

実現主義とは、収益を実現の時点で認識すること。実現主義の要件として、財貨又は用益の移転(商品の引渡し等)及び現金又は現金等価物の取得という2つの要件がある。一般的に費用に関しては発生主義が採用されているが、収益計上に関しては実現主義が採用されている。これは、「実現」に関する会計上の証拠は、原則として企業の生産する財貨又は役務が外部に販売されたという事実に求められるためである。そのため実現主義は販売基準として適用されている。
なお、企業会計原則では商品等の販売による収益の計上は、「売上高は、実現主義の原則に従い、商品の販売によって実現したものに限る」とされている。


関連用語 
  ・経過勘定
  ・現金主義
  ・売上高


「会計・人事用語集」はCSアカウンティング株式会社が発行しています。
CSアカウンティング株式会社は経理・人事のアウトソーシングサービスの会社です。

なお、当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。

ページの先頭へ