home
close

高いアウトソーシング効果を実現するために高いアウトソーシング効果を実現するために


高いアウトソーシング効果1
 近年、経理アウトソーシングベンダーが増えてきています。しかしながら、どこのアウトソーシングベンダーも同じ内容のサービスを提供できるわけではありません。
 CSアカウンティングでは、次の手段により、会計・経理アウトソーシング業務に必要な安全性、業務品質、継続性、スピードなどを確保し、高いアウトソーシングの運用成果を追求しています。


高いアウトソーシング効果2
 CSアカウンティングは、お客様にとって極めて重要な会計・経理アウトソーシング業務を確実・安全に遂行するため、各種認証を積極的に取得し、情報セキュリティー安全性の向上や内部統制の強化に努めています。
 CSアカウンティングでは、アウトソーシング業界でも先駆けて情報セキュリティの国際規格であるISO27001(ISMS)を取得しており、万全のリスク管理体制により業務運営を行っています。

高いアウトソーシング効果3

高いアウトソーシング効果4
 CSアカウンティングの会計・経理アウトソーシングは、スタッフ個々の能力に依存せず、業務マニュアル、業務フロー等の整備を行うことでオペレーションの分散化・標準化を図っており、高い品質と業務継続性の確保を実現しています。担当者個人に頼ることなく、チーム体制での運用や組織的な品質チェックを実施することで高い品質のサービスを安定して提供し続けます。


高いアウトソーシング効果5
 CSアカウンティングの会計・経理アウトソーシングは、画一的な方法を当てはめるアウトソーシング手法ではなく、個々のお客様の要望を伺った上で、オーダーメイド型のアウトソーシングを提供しています。現状の経理・会計業務のプロセス分析やシステムの活用も含め、お客様にとって最適と考えられる運用計画を策定します。
また、会計・経理アウトソーシング実施後においても定期的に運用状況の確認を行い、非効率な部分がある場合には問題点の洗い出しや改善案の検討を行います。
会計・経理アウトソーシングを機に、経理業務のムダ・ムラを排除し、スピード、精度を高めるシステムを構築することが可能です。

高いアウトソーシング効果6

高いアウトソーシング効果7
 経理関連業務といっても領域は多岐に渡るため、複数のアウトソーサーに委託する会社がありますが、アウトソーサー同士の連携が緊密にとれていないと、それぞれの業務で齟齬が生じたり、場合によっては社内の担当者が調整に追われてしまうことでさえも起こりえます。それではアウトソーシング導入の目的である業務効率化やコア業務に傾注して合理的・戦略的な事業展開を図るという本来的な目的も果たせなくなります。CSアカウンティングのアウトソーシングは会計・税務業務だけではなく、給与・社会保険手続きなど人事関連業務を含む広い範囲であるため、効率的なアウトソーシング業務の提供が可能です。

お電話でのお問い合わせ

03-5908-3421

インターネットでのお問い合わせ

お問い合わせ

ページの先頭へ