お役立ちコラム

経理業務を効率化!アウトソーシング先を比較する重要なポイントとは

近年注目を集める経理のアウトソーシング化。経営の効率化につながるアウトソーシングですが、アウトソーシング先はどのように選べばいいのでしょうか。今回は、自社の経営にマッチした経理のアウトソーシング先を決める際の比較や選定のポイントを解説します。

 

そもそもアウトソーシングとは?

 

経理は会社の経営において「利益」や「資産」を生み出すために、お金を管理する重要な業務。ルーティン業務から決算業務まで多岐に渡ります。経理のアウトソーシングでは、日々の記帳業務をはじめ、現金出納帳管理業務や伝票審査業務など、ルーティン業務となる会計業務を委託することが可能です。また、月次決算業務や四半期・期末決算業務、さらには税務決算業務なども委託することができます。

日常業務に追われ経理部門の業務改善が行われない悩みや、もっと経営に近い部分にリソースを割きたいという要望に応えてくれるのが、経理のアウトソーシングなのです。

 

 

内製化と外部委託のメリットとデメリット

 

社内で経理業務を行う場合とアウトソーシングする場合、それぞれにメリット・デメリットがあります。ここで、経理のアウトソーシングを検討するうえで知っておきたいメリット・デメリットを比較してみましょう。

 

■ 内製化のメリット

経理を内製化する最も大きなメリットは、ノウハウやスキルを社内に蓄積できることです。経理の知見をストックしていくことで、将来の人材育成にもつながります。また、自社の社員が社内の数字を管理するため、業務にも熱意が込められ、結果として高いパフォーマンスを発揮できるメリットもあります。

 

■ 内製化のデメリット

社員の人件費が固定化してしまうのが内製化のデメリットです。経理業務の繁閑に合わせてリソースを変動させる必要があるため、人員調整も必要です。また、法改正など日々アップデートされる税法知識を深めていく負荷も考えておかなければなりません。さらには、新たな戦略や課題解決に向きあう際、社内リソースだけでは限界を感じてしまう場面があるなど、自社のノウハウや経験だけに頼らざるを得ないというデメリットもあります。

 

■ アウトソーシングのメリット

経理をアウトソーシングすることで、高い専門性を持った外部のノウハウや知見を活用することができます。結果として、経営判断や新たな戦略に向き合う際のスピードがアップするでしょう。また、経理部門の社員の人件費を固定化せずに済みます。さらに、限られた自社の人材リソースをより経営に近い部門に集中できるため、効率的に経営を行うことができるでしょう。

 

■ アウトソーシングのデメリット

経理のノウハウが自社に蓄積されないことが、アウトソーシング化の大きなデメリットのひとつです。また、委託業務でアウトプットされる成果物を品質管理するマネジメントコストが発生する点や、アウトソーシング先の選定を誤ってしまうと、自社固有の状況を理解してもらえない点などのデメリットもあります。

 

 

比較・選定のポイント

 

経理をアウトソーシングできる会社は複数あるため、比較・選定には迷ってしまうところ。そんなときは、「コスト」「品質」「実績」「セキュリティ」「スピード」の5つの観点から選ぶのがポイントです。

 

1 納得のコストで選ぶ

アウトソーシングのコストは安いに越したことはありませんが、あまりにも安すぎる場合は注意が必要です。委託する業務内容によっては、それに見合ったコストがかかるのは当然のこと。汎用的に処理することを前提にコストが抑えられているようなら、希望するアウトプットが得られない可能性もあります。業務内容から適正なコストの提示を受けているかどうかをチェックしましょう。

 

2 品質を見極める

経理業務には、それぞれの会社ならではの業務や方針があるもの。機械的に業務をこなすだけでなく、自社固有の状況を理解して業務を担ってもらえるアウトソーシング先かどうか、品質を見極めるのも重要なポイントです。自社固有の処理や状況を汎用的に定型化することで、生産業務に支障が出てしまっては本末転倒。経営に生かせる高い品質のアウトプットが得られるかどうかチェックしましょう。

 

3 実績をチェック

多くの会社を手がけているアウトソーシング先のほうが、ノウハウの蓄積も期待できます。さまざまなケースに対応できるアウトソーシング先かどうかは、効果を出した実績の内容から判断するようにしましょう。経理業務は、業種業態だけではなくそれぞれの会社に固有の業務も存在します。豊富な実績があれば、例外処理を適正に行うスキルがあるなど、信頼感がアップします。

 

 

4 セキュリティ面もチェック

アウトソーシングをする場合は、自社の重要な情報を渡すことになります。堅牢なセキュリティが確保されているか、できれば現場見学を行ったうえでアウトソーシング先を選定するようにしましょう。

 

5 スピード感も重要

経理をアウトソーシングする目的のひとつとして、スピーディーな経営判断を行うことが挙げられます。そのため、アウトソーシング先の業務スピードは無視できないところです。導入スピードはもちろんのこと、業務の処理スピードがどの程度なのかは、事前に把握しておくようにしましょう。

また、日々アップデートされる法的な知識など、専門性に対するスピード感も重要です。特にIT関連の業務などでは、新たな分野の業務が次々と生まれています。法整備や改訂のスピードも早いため、最新の知識は必要不可欠。アウトソーシング先のスキルアップのスピード感も見逃せないポイントです。

 

 

まとめ

 

経営判断のスピードをアップさせるためには、経理の業務改善は欠かせません。アウトソーシング化も業務改善のひとつ。自社の経営を強力にバックアップしてくれるアウトソーシング先かどうかは、入念にチェックしたうえで選定したいところです。比較・選定のポイントを押さえたうえで、アウトソーシングの依頼先をチェックしてみましょう。

 

関連サービス

経理アウトソーシング│会計・経理や人事・労務のアウトソーシング

 

執筆者:海野

関連コラム

全銀協EDIシステムが稼働したと聞きましたが・・・
全銀協EDIシステムが2018年12月に稼働すると聞きました。どのくらいの銀行がシステムに接続しているのですか?また活用するためにはどうしたらよいですか?
銀行の窓口から海外銀行に送金する際の注意点
この度、社長より個人口座を持っている海外銀行(UBS銀行)の日本支店に資金移動をしたいとの相談を受けました。送金元の社長個人の銀行口座ではインターネットバンキングの契約をしていない為に銀行窓口にて送金手続きを行うのですが、どのような書類が…
イギリスへ送金したい。でもSort Code(ソートコード)が分からない!!
イギリスの取引先へ送金をしなければなりません。IBANとSWIFTコードの他にSort Code(ソートコード)というものが必要と聞いたのですが、不明の場合はどうすればよいでしょうか。
中小企業の問題を解決する経理のアウトソーシング
大企業とは違い、中小企業では他部門の社員が経理業務を兼任することも多いのではないでしょうか。加えて、人手不足が効率的な経営の足かせになっていることも……。そんな悩みを解消してくれるのが経理のアウトソーシングです…
効率的な経営に欠かせない!経理をアウトソーシングするメリットとは
経理は、業績を左右する判断のベースとなる情報を提供する部門です。しかし、日々のルーティン業務に追われる場面が多く、間接業務を担うことからなかなか業務改善が行われないこともあります。それならば、経理をアウトソーシングしてみてはいかがでしょう…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。