お役立ちコラム

効率的な経営に欠かせない!経理をアウトソーシングするメリットとは

経理は、業績を左右する判断のベースとなる情報を提供する部門です。しかし、日々のルーティン業務に追われる場面が多く、間接業務を担うことからなかなか業務改善が行われないこともあります。それならば、経理をアウトソーシングしてみてはいかがでしょうか。今回は、経営の効率化に欠かせない、経理のアウトソーシングがもたらすメリットについて解説します。

 

アウトソーシングが注目される理由

 

経理のアウトソーシングが注目を集めるのは、事業の収益に結びつく業務にリソースを割けるという点が大きな理由のひとつでしょう。直接利益を生む営業や商品開発などの部門ではなく、経理は間接業務を担う部門。その業務をアウトソーシングすることによって、経営を効率化できるのも、注目を集める大きな要因と言えます。

 

 

外部に委託するメリットとは?

 

経理業務をアウトソーシングすることは経営の効率化につながりますが、具体的にはどういったメリットがあるのか見てみましょう。

 

■ 法律改正などへの対応

経理業務に関わる税法は、改正される可能性が高いものです。また、複雑な社会保険の知識などの理解も求められます。経理業務をアウトソーシングすることによって、法律が改正されるたびに最新の知識を習得するという負荷を軽減できます。

また、経理業務には税法や会社法などの専門的な知識も必要です。日々アップデートされるそれらの情報を把握しながら、日常の業務に従事するのは難しいものです。経理業務を外部へアウトソーシングすることにより、高い専門性と豊富な経験やナレッジを活用できます。

 

■ ルーティン業務の負荷を軽減

経理には、たくさんのルーティン業務があります。売掛金や買掛金のチェックをはじめ、入金消込や経費精算など、その多くが定期的に行うルーティン業務です。面倒な業務をアウトソーシングすることで、より経営的な数字に焦点をあてた業務に集中できます。

 

■ 人員の管理負荷を軽減

経理部門に在籍する社員の勤怠や教育、採用などの管理を行う必要がなくなります。また、変動する売り上げの状況に応じて繁閑する経理業務に合わせ、人員を確保するなどの調整も不要です。

 

■ コストカットが可能

人員の確保が不要になるということは、さまざまな面でのコストダウンにつながります。社員の給与はもちろんのこと、社員に対する福利厚生費や社内教育に係るコストは、経理業務をアウトソーシングすることで大幅にカットできます。

 

 

外部に依頼する際のポイント

 

経理のアウトソーシングは、有効に活用することで経営を効率化できます。しかし、次のようなポイントに注意しながらアウトソーシングを検討することが大切です。

 

■ 自社固有業務の定型化が可能か

どんな会社にも自社固有の業務は存在するもの。そういった業務を一般化し定型化することが可能かどうか、しっかりと見極めることが必要です。

特に、業歴の長い会社の場合、現在に至るまでの間に自社固有の業務がたくさん生まれているはずです。新入社員は、まずその固有の業務について覚えるだけでも苦労する場面もあることでしょう。そういった自社固有の業務が定型化できなければ、アウトソーシング化するのは難しいです。すべての業務をリストアップし、定型化が可能かどうかの事前チェックは欠かせません。

 

■ 例外のパターン化は可能か

自社固有業務と同様、どんな会社にも経理上の例外パターンは存在します。それらをパターン化することが可能かどうか、判断が必要です。

法的に遵守しなければならない部分は、どんな会社も統一できる処理になりますが、日々のちょっとしたルーティン業務のなかには、自社判断による例外処理もあるでしょう。こちらも、業歴の長い会社であればあるほど、たくさん存在するはずです。

経理業務をアウトソーシング化するためには、それらの例外処理をパターン化できるかどうかが重要です。本当に必要な例外処理なのかどうかは、事前に見直し判断するようにしましょう。

 

■ 自社固有の状況を理解してもらえるか

汎用的な業務を代行するアウトソーシング先では、自社固有の状況を理解し、対応してもらえないケースもあります。自社固有の状況に対応が可能なアウトソーシング先かどうかの見極めも重要です。

すべての会社が汎用的な処理に当てはまることはありません。自社固有の状況や事情があるからこそ、競合他社に競り勝ったり、同業他社との差別化を図れたりするものです。そういった固有の状況や事情を理解してもらえない場合、すべてをアウトソーシング先に合わせる必要はありません。それらを理解し委託できるアウトソーシング先かどうかを判断し、委託するようにしましょう。

 

■ 自社の人材育成は不要か

経理をアウトソーシングすると、ノウハウはもちろん自社には蓄積できません。また、将来的な人材育成にも結びつきません。そういった状況が自社にとって問題がないかどうかも、しっかりと判断する必要があります。

例えば、経営判断のベースとなる経理部門だからこそ自社の社員に任せ、将来を見据えて教育したいという方針を持つ会社もあります。そういった場面では、「日々の業務に追われ、リソースの無駄になっていないか?」という観点から、アウトソーシング化を検討してみるのもひとつの方法です。経理業務のアウトソーシング化は、すべての業務を委託する必要がないため、仮にルーティン業務に追われているようであれば、その部分だけでも外部委託するという選択肢もあります。

 

 

まとめ

 

経理はルーティン業務を担う部門のため、業務改善のスポットが当たりにくい部門でもあります。しかし、経営的な判断を左右する重要な部門。最新の法的な知識を備え、経営を下支えする部門でありたいところです。日常業務で手が回らないといった状況をアウトソーシングで打破し、より経営に近い業務にリソースを割けることが理想でしょう。今注目を集める効率的な経理アウトソーシングを、自社でも検討してみてはいかがでしょうか。

参考:

 

関連サービス

経理アウトソーシング│会計・経理や人事・労務のアウトソーシング

 

執筆者:海野

関連コラム

今さら人に聞きにくい「振込振替」「総合振込」「給与振込」の違いとは?
世の中に広く普及している「インターネットバンキング」。個人で利用されている方も大勢いらっしゃると思います。しかし、総務部や経理部に配属されて、いざ仕事で使用するとなるとコレって何だっけ?何か良く分からないけど人には聞きづらいなぁ&hel…
法人番号指定通知書を紛失した場合の対応について
1. はじめに p; 2016年1月から「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」に基づいた「社会保障・税番号制度」が動き出しています。 この制度の下では「個人番号」と「法人番号」の二種類があり、それぞ…
これさえ知っておけば大丈夫!経理アウトソーシングのメリット・デメリット 8選
経理アウトソーシングは、会社の経営を円滑かつ効率的にするために役立つサービスです。 経理アウトソーシングにはさまざまなメリットがありますが、デメリットも見落としてはいけません。 p; 今回は経理アウトソーシングの…
全銀協EDIシステムが稼働したと聞きましたが・・・
全銀協EDIシステムが2018年12月に稼働すると聞きました。どのくらいの銀行がシステムに接続しているのですか?また活用するためにはどうしたらよいですか?
銀行の窓口から海外銀行に送金する際の注意点
この度、社長より個人口座を持っている海外銀行(UBS銀行)の日本支店に資金移動をしたいとの相談を受けました。送金元の社長個人の銀行口座ではインターネットバンキングの契約をしていない為に銀行窓口にて送金手続きを行うのですが、どのような書類が…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。