お役立ちコラム

アウトソーシングで経理を効率化!BPO成功事例を参考に有効活用しよう

煩雑な経理を外部委託できれば、どれだけ業務効率がアップするでしょうか。今回は、経理業務を効率化するさまざまな方法を紹介します。BPO(アウトソーシング)の成功事例もありますので、経理担当者は自社の業務効率をアップさせるために有効活用しましょう。

 

 

そもそも経理業務とはなにか?

 

そもそも経理業務とはどのような業務を指すのでしょうか。

「経理」は「経営管理」の略で、もともとはお金に限らず経営資源を管理することを意味します。いまでは、主に「お金の流れを管理すること」と一般的には認識されています。経理は、自社の財政状況、経営実績、税金などを数値化して、経営者や株主へ資金に関する情報を提供します。具体的に経理部門が担う業務は、主に5つあります。

経理部門が担う業務は、主に5つあります。

 

1 資産管理

資産情報の収集、記録、資産管理台帳の作成と更新

 

2 支払い業務

入力データ・証憑類の整理・確認、帳簿への記録、計算、伝票・帳簿の作成、振り込み手続き

 

3 予算・利益管理

予算・利益管理に関するデータの入力、分析業務

 

4 債権債務管理

債権情報(売掛金、未収金)や債務情報(買掛金、未払金)の一元管理、入金、支払い部門および債権・債務計上部門管理

 

5 決算関連業務

月次・年次決算業務、各種申告書作成支援、決算書作成業務
(引用元 :BPO(業務プロセスアウトソーシング)研究会報告書 平成20年6月 経済産業省)

ちなみに、「会計」は家計簿をつけるようにお金の出入りを記録する会計帳簿を作成する業務です。「会計」は経理業務の一部と言えるでしょう。「財務」は資金調達、資産運用を行う業務です。経理が作成した賃借対照表や損益計算書をもとに、銀行との融資交渉、投資、M&A(合併や買収)などを行います。

 

 

経理業務を効率化するには?

 

上記のような複雑な経理業務は、どうすれば効率化できるでしょうか。有効な方法を3つほど紹介します。これらはビジネススキームの変化やITの発達によって出現した手法です。アメリカで誕生し、日本企業にも徐々に導入されつつあります。

 

■  ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)

ASPは、インターネット経由でアプリケーションサービスを利用する形態です。ASPを利用する場合は、各自のパソコンからインターネットに接続してアプリケーションを使用し、料金を支払います(月額料金が一般的です)。ASPを利用すれば、いままで自社内で開発や保守をしていた情報システム機能がアウトソーシングできます。

メリットとしては、初期費用を抑え、導入期間の短縮が期待できること。システムの保守、メンテナンス、アップデートなどはサービスの提供会社が行うため、管理コストや手間を省くことができます。インターネットに接続できる環境があれば、遠隔地でも利用可能です。アプリケーションの利用を中止したり、サービス会社を変更したりすることも容易です。

日本でも、経理や会計機能に特化したASPサービスがあります。

 

 BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)

BPOは「ビジネス・プロセス・アウトソーシング」の略語で、日本では「アウトソーシング」とほぼ同じ意味で使用します。企業が自社の業務を専門事業者に外部委託することです。

「業務コストの削減」「人手不足の補完」「専門家への委託による業務品質の向上」「業務の標準化」など、さまざまなメリットがあります。1990年代の終わりごろから欧米を中心に普及してきた方法で、近年BPOを導入する日本企業が増えてきています。

 

■ ストラテジック・アライアンス

ストラテジック・アライアンスは、日本語で戦略的提携と訳します。アウトソーシングを提供する企業が、顧客企業と対等なパートナーとして提携します。双方の企業にとって新しい分野を補完し合い、自社のコア事業を活かすことが可能です。外部リソースを利用するという意味で、新しいアウトソーシングの形態と言えるでしょう。

両企業の得意分野を補うスキルシェアや、事業資金のリスクを軽減できるリスクシェアが、ストラテジック・アライアンスのメリットです。両企業のマーケットが重複していなければ、アプローチできる顧客が増え、ビジネスチャンスも拡大します。

 

 

経理業務効率化の成功例

 

ここで、BPOを利用して経理業務の効率化に成功した事例を紹介します。経理担当者は、自社の業務効率アップのためにぜひ参考にしてください。

 

■ プルデンシャル・ファイナンシャル社

プルデンシャル・ファイナンシャル社は、大規模に国際展開するためにBPOを活用。BPO企業を経営パートナーと位置づけ、業務プロセスを徹底的に可視化・合理化し、コア事業へ人員を集中しています。10分野以上の間接業務(給与など)を包括的にアウトソーシングしました。

のべ約250人の人員削減に成功し、国際業務への人員の配置転換を実施しています。この例でわかるとおり、BPOは単に人員を削減するだけでなく、力を入れるべき分野への配置転換をスムーズに行えたのです。

 

■ 大手石油会社、ブリティッシュ・ペトロリアム(BP)

大手石油会社であるブリティッシュ・ペトロリアム(BP)は、1991年から財務・経理業務全般にBPOを導入しています。これはただのアウトソーシングではありません。アバディーン・デリバリー・センターという新たな機関を設立し、BPだけでなく他企業にも財務・経理業務サービスを提供する壮大な事業です。

BPは、北海油田におけるメジャー6社に対して、同様の財務・経理サービスを提供しています。この結果、BPの財務・経理部門のスタッフ320人を新たな機関に転籍させ、オペレーションコストの50%以上の削減に成功しました。

 

まとめ

アプリケーションサービスやアウトソーシングを利用することで、まだまだ業務改善する余地は残っています。現在の経理業務について、効率アップを目指している経理担当者は、アウトソーシングを有効に活用し、今後のビジネスプランに加えてみるのはいかがでしょうか。

 

参考:

 

関連サービス

経理アウトソーシング│会計・経理や人事・労務のアウトソーシング

 

執筆者:海野

関連コラム

絶対に失敗したくない!経理アウトソーシングで気をつけるべきこととは?
p; 経理アウトソーシングを失敗しないための秘訣とは? p; 今回のコラムでは、経理アウトソーシングで失敗しないために取り組むべきポイントを紹介しています。経理アウトソーシングは委託すれば終わりというわけではありません。…
今さら人に聞きにくい「振込振替」「総合振込」「給与振込」の違いとは?
世の中に広く普及している「インターネットバンキング」。個人で利用されている方も大勢いらっしゃると思います。しかし、総務部や経理部に配属されて、いざ仕事で使用するとなるとコレって何だっけ?何か良く分からないけど人には聞きづらいなぁ&hel…
法人番号指定通知書を紛失した場合の対応について
1. はじめに p; 2016年1月から「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」に基づいた「社会保障・税番号制度」が動き出しています。 この制度の下では「個人番号」と「法人番号」の二種類があり、それぞ…
これさえ知っておけば大丈夫!経理アウトソーシングのメリット・デメリット 8選
経理アウトソーシングは、会社の経営を円滑かつ効率的にするために役立つサービスです。 経理アウトソーシングにはさまざまなメリットがありますが、デメリットも見落としてはいけません。 p; 今回は経理アウトソーシングの…
全銀協EDIシステムが稼働したと聞きましたが・・・
全銀協EDIシステムが2018年12月に稼働すると聞きました。どのくらいの銀行がシステムに接続しているのですか?また活用するためにはどうしたらよいですか?

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。