お役立ちコラム

平成32年4月度より変更となる65歳以上の雇用保険について

平成29年1月1日から雇用保険法の改正により、被保険者の適用範囲が拡大され、65歳以上の方で新たに雇い入れる場合や既に入社していたものの年齢要件を満たせず未加入だった方も被保険者(高年齢被保険者)となりました。失業して求職活動をする際には、6ヶ月以上雇用保険に加入していれば、何度でも「高年齢求職者給付金」を受給することができます。これは年金と併せて受け取れるもので、さらに要件を満たせば「育児休業給付金」、「介護休業給付金」、「教育訓練給付金」といった給付金の受給も可能となりました。雇用保険料の徴収免除制度は、廃止され、公平に保険料を負担することになりましたが、急な廃止は会社への負担も大きくなるため、3年間の経過措置が設けられており、平成31年度まで(平成32年3月まで)雇用保険料の徴収免除制度が継続となっております。雇用保険料の徴収開始(平成32年4月から)まで残すところ1年余りの猶予となりましたので、契約更新等の時期において、雇用保険料徴収が始まることを通知されることをおすすめいたします。

 

執筆者:北

関連コラム

男性版「産休」制度?どう変わる、男性の育児休業
p; 男性版「産休制度」の新設? p; 男性の育児休業取得率は徐々に上昇しているとはいえ、いまだ10%未満という状況です。 そこで厚生労働省の労働政策審議会では男性の育児休業取得促進策を打ち立て、現在開催中の通常国会に法…
新型コロナウィルスと雇用調整助成金2
まだまだ収束の目途が立たない新型コロナウィルス。WITHコロナの新しい業務形態になかなか馴染めず、四苦八苦されている会社・事業主様・社員の皆様も多いのではないでしょうか? 新型コロナウィルスの休業で注目された【雇用調整助成金】ですが、…
新型コロナウィルスと雇用調整助成金
未だに世界中で猛威を奮っている新型コロナウィルス。現在も多くの人々や会社、社会に様々な影響を及ぼし続けています。特に新型コロナウィルスの影響で休業を余儀なくされた会社・事業主は多く、大企業・中小企業問わず、その影響は未だに解消していま…
二つの会社で勤務する場合の労働保険・社会保険の取り扱い
同時に二つの会社で勤務することになった時、労働保険・社会保険についてはどのように取り扱えばよいでしょうか? 今回は、こちらについてお話したいと思います。 p; (1)労災保険について 労災保険の保険料は、それぞれの会社が支払う…
高齢者、学生、パートなどさまざまな雇用保険の加入手続きについて
人事の皆様は雇用保険加入手続きを日頃より行われている事かと思いますが、雇用保険の加入基準を正しく理解されていますでしょうか? 学生アルバイトの雇用、65歳以上の高齢者を雇用、又は外国人を雇用等、昨今の人出不足と相まって多様な人材を雇用す…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。