お役立ちコラム

36協定の延長時間について

36協定を締結する際に協定しなければならない延長時間について教えてください。

36協定を締結する際には、法定労働時間を超えて行わせる時間外労働の時間である「延長時間」を協定しなければなりません。協定しなければならない延長時間は、「1日」「1日を超え3箇月以内の期間」「1年間」の3つの単位で、法律に定められている限度基準に適合するように協定する必要があります。

「1日」については、法定の8時間を超える1日の延長時間を協定します。法令で定める危険有害業務を除いて、延長時間の限度についての規制は原則としてありませんので、

「1日を超え3箇月以内の期間」と「1年間」については、限度基準の別表がありますので、その範囲を超えないように協定します。この限度時間は、法定休日労働の時間を含みませんので注意しましょう。また、「1日を超え3箇月以内の期間」と「1年間」については起算日を明らかにし、なるべく有効期間の開始日と一致させることが望ましいとされています。

関連コラム

産休・育休取得者 紛争解決事例集
令和なる新たな元号を迎え、女性を対象にした就労シンポジウム等を多く目にする機会があります。 今では中小企業等でも女性社員の比率は以前より多くなり、管理職として手腕を発揮している女性も多くいらっしゃると思います。 しかし、一方で、まだまだ女…
労働条件の明示が電子メール等も可能になります
労働条件の明示の電子化について教えてください。
社会保険労務士試験について
ひと月ほど前の平成30年11月9日、 第50回社会保険労務士試験の合格発表がありました。 今年の合格率は6.3%ということで、最近の合格率に照らしてみれば 平年並みか、少し難しい程度の難易度だったということになるのでしょうか。 試験は労働…
働き方改革で注目の産業医
働き方改革関連法の成立によって、産業医に関する法律の改正があると聞きました。どんなことが変わるのかポイントを教えてください。
36協定に特別条項を締結する場合、健康・福祉確保措置の明記が必要になります。
36協定に特別条項を締結する場合、健康・福祉確保措置について明記しなければならないのですか。

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。