お役立ちコラム

研修生・技能実習生の雇用保険加入について

外国籍の研修生・技能実習生を受け入れることになったのですが、どちらも雇用保険の加入対象となるのでしょうか。

外国人技能実習制度は、我が国が先進国としての役割を果たしつつ国際社会との調和ある発展を図っていくため、技能、技術又は知識の開発途上国等への移転を図り、開発途上国等の経済発展を担う「人づくり」に協力することを目的とした制度です。主に、技能実習生と研修生に分かれます。

・技能実習生(在留資格:技能実習)

実践的な技能習得等を目的として事業主と雇用関係を結ぶため、雇用保険被保険者となります。

・研修生(在留資格:研修)

あくまでも「研修」を目的としているため雇用関係は発生せず、雇用保険被保険者にはなりません。

なお、2010年7月の入管法改正により本邦の公私の機関に受け入れられて技術、技能又は知識を修得する活動を行う場合のみ研修の在留資格を申請することができます。

研修生・技能実習生のいずれも受け入れる際に様々な条件や制限があるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

参考

【厚生労働省 外国人技能実習制度について】

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/jinzaikaihatsu/global_cooperation/index.html

執筆者:染谷

 

関連コラム

海外赴任する従業員の社会保険はどのように手続きをすれば良いですか?
日本法人から海外の現地法人へ赴任させる従業員がいるのですが、現地国の社会保障制度へ加入する必要はありますか?
ワーキングホリデービザで来日している外国人労働者の社会保険加入の必要有無について
ワーキングホリデービザで来日している労働者を社会保険に加入させなければいけないのでしょうか?
海外勤務者が現地の人と結婚した場合の社会保険取扱について
出向により海外で勤務している従業員が、現地の人と結婚しました。この場合、配偶者の社会保険の取扱はどのようにすれば良いでしょうか?
雇用保険の被保険者について
外国人の方は、雇用保険の被保険者となりますか?
在日外国人は雇用保険に加入できるのでしょうか。
今回、新たに外国人の方を雇用しました。雇用保険は加入できるのでしょうか。

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。