お役立ちコラム

育児等で勤務時間が週20時間未満となった場合、雇用保険はどうなりますか?

当社の社員が育児のために短時間勤務制度を利用することになりました。ただ、短時間勤務の結果、労働時間が週20時間を下回ってしまいます。この場合、雇用保険の資格を喪失するのでしょうか?

雇用保険は、雇用保険法第6条第2号により、週所定労働時間が20時間未満の者は適用除外となります。これは、短時間勤務の正社員でもパートの取扱いと変わりませんので、資格喪失しなければなりません。

しかし、所定労働時間の変更が臨時的・一時的なものであり、その後に週20時間以上に復帰する予定であれば、資格喪失の手続きは必要ないとされています。短時間勤務となる期間が臨時的・一時的なものと判断される基準は、育児のためであればその子が小学校に就学する前まで、その他の理由であれば概ね3ヵ月以内です。

 

関連コラム

ここが変わった!労働保険年度更新 申告書の書き方
今年も労働保険料の申告時期がやってきました。お手元に届いた申告書を見て、あれ?と思われた方もいらっしゃるかもしれません。令和4年度は雇用保険料率が年度途中で変更されることにより、概算保険料の記入の仕方が変わっているのです。具体的にどのように…
マルチジョブホルダー制度って何ですか?
 2022年1月1日より65歳以上の労働者を対象に「雇用保険マルチジョブホルダー制度」が新設されました。本コラムでは制度の内容について解説してまいります!1.雇用保険マルチジョブホルダー制度とは?従来の雇用保険制度は、主たる事業所での労働条…
雇用保険料率の引き上げと年度更新時の注意点について
「雇用保険法等の一部を改正する法律案」が令和4年3月30日に国会で成立しました。年度の途中から保険料率が変更となりますので、ご注意ください。参考:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/buny…
新型コロナウイルス禍における休業手当の支給判断について
【質問】今般、新型コロナウイルス禍の影響により、まん延防止等重点措置が実施され、また新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言も再検討されています。今後、都知事からの当社施設の使用停止要請がなされ、業務ができなくなってしまった場…
男性版「産休」制度?どう変わる、男性の育児休業
p; 男性版「産休制度」の新設? p; 男性の育児休業取得率は徐々に上昇しているとはいえ、いまだ10%未満という状況です。 そこで厚生労働省の労働政策審議会では男性の育児休業取得促進策を打ち立て、現在開催中の通常国会に法…

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。