お役立ちコラム

退職後に支給される賞与にかかる社会・労働保険料の取扱いについて

退職者に、在籍期間についての未払い賞与を支給することになりました。この場合、賞与にかかる健康・厚生年金保険料、雇用保険料の徴収はどのように取り扱えば良いのでしょうか?

賞与が保険料の算定対象となるかどうかの判断基準は、①いつ賞与の支払が確定したか、②いつ賞与が支払われたか、の二点となります。

労働保険では、①で判断します。在職中に支払が確定された賞与であれば、保険料の算定対象となり、実際の支給日が退職日前・後のどちらかを問わず、雇用保険料を徴収します。

社会保険では、②で判断します。資格喪失日以降に支払われる賞与については保険料の算定対象となりません。したがって、たとえ在職中に支払が確定していた賞与であっても、実際の支給日が資格喪失日以降であれば、健康保険料・厚生年金保険料のいずれも徴収しません。

関連コラム

海外赴任する従業員の社会保険はどのように手続きをすれば良いですか?
日本法人から海外の現地法人へ赴任させる従業員がいるのですが、現地国の社会保障制度へ加入する必要はありますか?
社会保険労務士試験について
ひと月ほど前の平成30年11月9日、 第50回社会保険労務士試験の合格発表がありました。 今年の合格率は6.3%ということで、最近の合格率に照らしてみれば 平年並みか、少し難しい程度の難易度だったということになるのでしょうか。 試験は労働…
社会保険の手続で電子申請が義務化されると聞いたのですが?
社会保険や雇用保険で、事業主の行う手続の電子申請が義務化されると聞きました。いつ、どのような手続が義務化されるのでしょうか?
会社の代表者が交替しましたが、社会保険で何か手続が必要でしょうか?
社長が交替しました。社長は健康保険や雇用保険で「代表者(事業主)」だったのですが、どのような手続が必要なのでしょうか?
育児休業中に給与を満額支給した場合の世帯手取り額の違い
当社では子育て支援の一環として育児休業中に無給ではなく休業前の給与を満額支給しようと考えております。対象従業員の世帯収入は無給とする場合と比較してどのように変わるのでしょうか?

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。