お役立ちコラム

社員が65歳になった場合の配偶者の国民年金第3号被保険者資格について

社員の妻(60歳未満)に、国民年金保険に加入するよう通知が届いたそうです。 当該社員は65歳ですが、ずっと以前から会社で厚生年金に加入しており、妻も国民年金第3号被保険者の届出を済ませているのですが、どういう事でしょうか?

国民年金第3号被保険者となるのは、国民年金第2号被保険者である配偶者に扶養される、20歳以上60歳未満の人です。

第2号被保険者とは、厚生年金保険の加入者(会社員等)および共済組合の加入者(公務員等)ですが、65歳に到達して老齢年金・厚生年金、退職共済年金などの受給権がある人は第2号被保険者の資格を喪失します。(※加入期間が不足等の場合は、65歳以降も第2号被保険者の資格を喪失しない例外があります。)

ご質問のケースは、ご主人が65歳に到達したときに国民年金第2号被保険者の資格を喪失したため(厚生年金はそのまま70歳まで加入)、奥様も第3号被保険者の資格を喪失したものです。
この場合には、被扶養者である奥様が住所地の市区町村役所・役場で第1号被保険者の手続(種別変更)をする必要があります。
手続をするのは、被扶養配偶者本人です。事業主ではありません。

 

 

 

 

 

関連コラム

任意特定適用事業所申出書の手続き
平成29年4月より、500人以下の企業でも短時間労働者に該当すれば社会保険に加入することができると聞きました。現在、パートタイマーで該当する従業員がいるのですが、具体的にどのような手続きが必要でしょうか。
退職日、社会保険資格喪失日、社会保険料の関係について
退職日と社会保険資格喪失日は違うのですか?
傷病手当金と出産手当金の両方が受給権がある場合、両方の給付を受給できますか
傷病手当金と出産手当金の両方が受給できる場合、両方の給付を受給できますか?
育児休業後の社会保険手続について
育児休業をとったあと復帰した従業員について、社会保険上何か手続きがありますか?
支店開設した場合、労働保険、社会保険は何か手続きが必要なのでしょうか?
今回、新たに支店を開設しました。労働保険、社会保険の手続きは本社で行っていいのでしょうか。

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。