お役立ちコラム

個人の医師に支払う産業医としての収入についての取り扱い

個人の医師に会社から支払う産業医としての報酬についての所得税の取り扱いはどのようにしたらいでしょうか。

個人の医師が事業者から支払を受ける産業医としての報酬は、所得税法上は原則として給与所得に該当するものとして取り扱われています。

よって、通常の従業員と同じように給与として報酬を支払い、所得税を源泉徴収しますが、産業医として報酬を受けている会社が主たる給与の支払者ではない場合は、税額表の乙欄を用いて所得税の計算をすることになります。

なお、年末には給与所得の源泉徴収票の発行が必要になります。

 

関連コラム

社会保険労務士試験について
ひと月ほど前の平成30年11月9日、 第50回社会保険労務士試験の合格発表がありました。 今年の合格率は6.3%ということで、最近の合格率に照らしてみれば 平年並みか、少し難しい程度の難易度だったということになるのでしょうか。 試験は労働…
出向社員の労働社会保険加入は出向元、出向先のどちらになるのでしょうか。
関連会社より出向社員を受け入れることになりました。健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険はどのようになるのでしょうか。

当サイトの情報はそのすべてにおいてその正確性を保証するものではありません。当サイトのご利用によって生じたいかなる損害に対しても、賠償責任を負いません。具体的な会計・税務判断をされる場合には、必ず公認会計士、税理士または税務署その他の専門家にご確認の上、行ってください。